1. ホーム
  2. 【WOWOW】
  3. ≫X JAPANがWOWOWに登場!再放送予定と損しない加入方法だ!

X JAPANがWOWOWに登場!再放送予定と損しない加入方法だ!

X JAPAN、WOWOWでの放送最新情報

X JAPAN LIVE 2017 at the WEMBLEY Arena in LONDON

ヨーロッパよ、これが日本のX JAPANだ! 無念の公演延期から1年。英国ウェンブリー・アリーナにX JAPANが登場した歴史的ライブ。

■放送日時
2017/12/13(水)よる10:00
(収録日:2017年3月4日@ロンドン)
X JAPAN・WOWOW公式サイトで放送日時をチェック

※Xだけ視聴・録画できればいい!という効率重視の方はコチラ↓↓
(割引もあり)

rimokon

【セットリスト】WOWOWで放送するツアー最終日のセトリ

  1. Forever Love
  2. Tears
  3. Kiss the sky
  4. HEATH Solo
  5. PATA Solo (Stad Me In The Back~CELEBRATION)
  6. DRAIN
  7. SUGIZO Solo (ピンクスパイダー)
  8. Silent Jealousy
  9. YOSHIKI Solo (Swan Lake)
  10. Miracle
  11. La Venus
  12. Hero
  13. X
  14. Without You
  15. ART OF LIFE
  16. ~ここでアンコール!!~

  17. Say Anything
  18. White Wind From Mr.Martin ~Pata’s Nap~
  19. WEEK END
  20. WORLD ANTHEM
  21. I.V.
  22. CRUCIFY MY LOVE
  23. Voiceless Screaming
  24. Longing ~跡切れたmelody~
  25. ENDLESS RAIN

Today is the 6th day of the #XJAPAN tour! 気合い入れていくぞー ,叫べー!#WeAeX

Yoshikiさん(@yoshikiofficial)がシェアした投稿 –

X JAPAN、熱烈ファンの声

X JAPANは紅白歌合戦の出場や東京ドーム公演などで知られる日本のロックバンドで、メディアでは「伝説のバンド」や「元祖ヴィジュアル系」といったような大物扱いを受けることが多いです。デビュー当時は髪を立てて派手な衣装で演奏し、ハイスピードなロック曲を中心に、ピアノやストリングスを使用したクラシカルなバラードでも多くの人に衝撃を与え、後のヴィジュアル系ブームの一因となりました。X JAPANファンは熱狂的であることが有名で、メンバーであるリーダーYOSHIKIの数々の伝説や、ギタリストHIDEの死、ボーカルTOSHIの洗脳騒動など話題に事欠きませんが、やはり一番ファンの心をつかんでいるのは上質な楽曲にあると思います。

私がX JAPANのファンになったのは高校生の時で、1997年に一旦解散した後に発表されたベストアルバムを友達から借りた時からで、今までに聞いたことのないような激しさ・美しさ・華やかさが胸に響きました。

X JAPANの有名な曲はいくつもありますが、私が特に好きな曲は「Silent Jealousy」(1991年発表)で、X JAPANの曲の中では特に激しめの曲となりますが、いわゆるヘヴィーメタルと言われるジャンルに収めてしまうには勿体ないオリジナリティ溢れる楽曲です。リズムは非常に激しいのですが、歌声やメロディーは非常に美しく、演奏では華々しいギターソロ・ベースソロや、ピアノパート、YOSHIKIの語りが入るなど凝った作りになっていて何度聞いても飽きません。
圧倒的な演奏もかっこいいのですが、曲から伝わってくる繊細な感情も胸を打ちます。よく「紅」や「Forever Love」などがメディアで流れますが、こちらもファンから人気が高い曲なので、聞いたことがない方にはおすすめできます。

私は解散後にファンになって、2007年の再結成以降は何度かライブに足を運びましたが、Silent Jealousyは人気の割りに演奏回数が少なく一度も生で聞けたことがないのは悔しい限りです。メンバーも年齢を重ね、バンドに様々な事情が絡み、ライブで聞きたい曲をなかなか演奏してくれなかったり、新しいオリジナルアルバムが全然出なかったりと、ヤキモキすることもあるのですが、今でも多くのファンから指示され、海外公演をソールドアウトさせたり、各種メディアで活発に活動する様子を見られるって、解散の悲しみを知っているファンには奇跡としか思えません。

私自身そうですが、もうバンドの行く末を最後まで見届けたいという気持ちの方は多いんじゃないでしょうか。いわゆる「運命共同体」とはそういうことですね。(FAX PANPANさんより)

※Xだけ視聴・録画できればいい!という効率重視の方はコチラ↓↓
(割引もあり)

rimokon