※当サイトで紹介するサービス、商品には広告も含んでおります。

メジャーリーグ 大谷翔平

エンゼルスの年俸ランキング一覧《2024年》年俸総額と贅沢税予想も。



大谷選手が抜けてしまったロサンゼルス・エンゼルス。

スター選手2名に年俸が偏ってしまい、チームバランスが崩壊、、、

オーナーも贅沢税を超えた補強は絶対にしたくない方針ですからね…

大谷さんと仲良しの選手もまだいますし、現在のエンゼルスの情報確認という意味でもこの年俸ランキングや総年俸情報ご活用ください。

ポイント

  • エンゼルスの23シーズン年俸総額はメジャー全体で8位でした
  • 贅沢税の発生はありません。
  • 23年の結果はア・リーグ西地区で4位!プレーオフも当然行けず
  • 現在の年俸ランキング ベスト3は、マイク・トラウト、レンドン、タイラー・アンダーソン
    ※というか上位2選手が圧倒的に高額年俸!
  • 今後も贅沢税を覚悟した補強はしないでしょうし、レンドンさんも居て望み薄な状況が続きそう…



エンゼルスの年俸ランキング一覧

2024年 年俸ランキング表がこちら(高い順)

※2024/2/3更新

年俸
順位
選手名 平均年俸
※契約金額÷契約年数
日本円換算
※1ドル143円
1位 マイク・トラウト
2019年~12年4億2650万ドル
3554万ドル 50.82億円
2位 アンソニー・レンドン
2020年~7年2億4500万ドル
3500万ドル 50.05億円
3位 タイラー・アンダーソン
2023年~3年3900万ドル
1300万ドル 18.59億円
4位 ロバート・スティーブンソン
2024年~3年3300万ドル
1100万ドル 15.73億円
5位 マット・ムーア
2024年~1年契約
900万ドル 12.87億円
6位 ブランドン・ドゥルーリー 850万ドル 12.16億円
7位 カルロス・エステベス 675万ドル 9.65億円
8位 パトリック・サンドバル 503万ドル 7.19億円
9位 テイラー・ウォード 480万ドル 6.86億円
10位 ルイス・レンヒフォ 440万ドル 6.29億円
11位 ルイス・ガルシア 425万ドル 6.08億円
12位 グリフィン・カニング 260万ドル 3.72億円
13位 ジョシュア・ルーゴ 230万ドル 3.29億円
14位 ホセ・シスネロ 175万ドル 2.50億円
15位 アダム・シンバー 165万ドル 2.36億円
16位 ザック・プレサック 100万ドル 1.43億円
17位 ホセ・スアレス 93万ドル 1.33億円
18位 ホセ・キハダ 84万ドル 1.20億円
19位 アーロン・ヒックス
ヤンキースとの
7年7000万ドル契約も継続中
74万ドル 1.06億円
20位 ヘイデン・アルバレス 69万ドル 0.99億円
契約が未確定の選手
リード・デトマース 未定
マット・タイス 未定
ミッキー・モニアック 未定
ジミー・ハーゲット 未定
ローガン・オホッピー 未定
アンドリュー・ワンツ 未定
ザック・ネト 未定
デトマースやモニアック、オホッピーなど若手の活躍も見られますが、この選手たちはまだ年俸調停権がありません。FAになったらそれなりの金額で他チームに行きそうではありますね(^_^;)

2023年オフにFAとなった選手一覧

  • 大谷翔平(投手/DH):3000万ドル
    ➔ドジャースへ:10年7億ドル(MLB史上最高額)
  • ジオ・ウルシェラ(内野手):1040万ドル
  • マイク・ムスタカス(サード):1000万ドル
  • アーロン・ループ(投手):850万ドル
  • ランダル・グリチャック(外野手):840万ドル
  • エデュアルド・エスコバー(サード):725万ドル
  • C.J.クロン(ファースト):72万ドル

※記載した年俸は、23年時点の平均年俸です。

エンゼルスの年俸上位プレーヤー

年俸1位はやはりマイク・トラウト

  • 国籍:アメリカ合衆国 ニュージャージー州
  • 誕生日、年齢:1991年8月7日(24年に33歳に!)
  • ポジション:外野(基本はセンター)
  • 平均年俸:3554万ドル
    ※2019年~12年4億2650万ドルで契約

この方はMLBのレジェンドであり、もはや説明の必要すらないくらいの存在ですよね!

いくら年俸が高くても文句を言う人はいないでしょう。

年俸3554万ドルは日本円すると約50億円というスゴさです!

まず新人王に輝いた2012年には盗塁49、打率.326、OPS.963。

その後もずっとOPSは9割後半、10割オーバーを記録し続けます。

※出塁率4年連続1位という記録もあります。

ホームラン王こそないものの、シーズンMVP3回を筆頭にシルバースラッガー賞9回、ハンク・アーロン賞2回などの受賞歴あり。

最近は怪我や骨折もあって満足に試合に出れていませんが、今後の完全復活に期待ですね。

自分の可能性を信じてドラフト指名、そして大型契約してくれたエンゼルスにかなり恩義を感じているようです。生涯エンゼルスを貫く選手間違いなしでしょう。

もう別チームになったものの、トラウトと大谷選手の関係性はずっと注目されていましたよね!

お互いにリスペストがあって仲良しで、でもライバルでもあり…

エンゼルスでの二人のストーリー、最高でした。

参考:大谷とトラウト、仲良しの証拠!トラ兄のコメントや入団時を振り返る

2位はレンドーン(年俸50億円とか貰いすぎ!)

  • 国籍:アメリカ合衆国 テキサス州
  • 誕生日、年齢:1990年6月6日(24年に34歳に!)
  • ポジション:サード
  • 平均年俸:3500万ドル
    ※2020年~7年2億4500万ドルで契約

言葉は悪いですがエンゼルスの不良債権、レンドンさん…

ナショナルズからエンゼルスに来た2020年以降、毎年50試合ほどしか出ていません。

それで年俸は3500万ドル、約50億円ですからね。

1試合出るだけで1億円という計算です(^_^;)

キャリアハイはナショナルズでのラストイヤー2019年。

ここで打点王、二塁打王で打率が.319、OPSは脅威の1.010。

ワールドシリーズでもめちゃくちゃ活躍してワールドチャンピオンも経験…

はっきり言って、現状は完全な大赤字選手です。

年俸3位:タイラー・アンダーソン(投手1位)

  • 国籍:アメリカ合衆国 ネバダ州
  • 誕生日、年齢:1989年12月30日(24年に35歳)
  • ポジション:先発ピッチャー
  • 平均年俸:1300万ドル
    ※2023年~3年3900万ドルで契約

エンゼルスの年俸3位から一気に安くなります(^_^;)

3位にいるのがドジャースから来たタイラー・アンダーソン。

投手としてはチーム内一番の年俸です。

元々はドラフト1巡目選手でロッキーズと契約。

数チームを渡り歩きますが防御率は4点台で並の投手という感じなんですよね。

でも2022年にドジャースで1年だけ投げて15勝、防御率は2.57という素晴らしい成績に。

そしてエンゼルスに来た2023年は27登板(先発25)で防御率5.43、、、強いチームじゃないと厳しいタイプの投手かも知れません(T_T)

  • 2020年:先発11試合、防御率4.37(ジャイアンツ)
  • 2021年:先発31試合、防御率4.53(パイレーツ、マナリーズ)
  • 2022年:先発28試合、防御率2.57(ドジャース)
  • 2023年:先発25試合、防御率5.43(エンゼルス)
ドジャース時代にノーヒッターをやりかけましたが、9回1アウトから大谷さんに3塁打を打たれてそこで終了!となったのは有名です。

年俸4位:新加入、ロバート・スティーブンソン

  • 国籍:アメリカ合衆国 カリフォルニア州
  • 誕生日、年齢:1993年2月24日(24年に31歳)
  • ポジション:ピッチャー(中継ぎ、セットアッパー)
  • 平均年俸:1100万ドル
    ※2024年~3年3300万ドルで契約

24年のセットアッパー候補としてレイズでFAになったロバート・スティーブンソンを獲得しました。

元はドラフト1巡目選手ですが、正直ピッチャーとしての成績は「凄い」とまでは言い切れません。

キャリアハイは2021年の49試合防御率3.13。

その後の防御率は6.04、5.43です。

これでよく3年3300万ドルの契約を提示したなと。高すぎん??

ちなみに過去3年で受け取っている年俸は桁1つ違う(安い)ですからね。

180万ドル➔88万ドル➔114万ドル、からのエンゼルスで3年間平均年俸1100万ドルですよ!

とにかくエンゼルスで年俸に見合った活躍を期待するしかありません。

2023、22、21年のチーム年俸ランキング

年俸
順位
2023年 2022年 2021年
1位 マイク・トラウト
3554万ドル
マイク・トラウト
3554万ドル
マイク・トラウト
3554万ドル
2位 アンソニー・レンドン
3500万ドル
アンソニー・レンドン
3500万ドル
アンソニー・レンドン
3500万ドル
3位 大谷翔平
3000万ドル
➔ドジャースへ
ジャスティン・アプトン
2120万ドル
➔マリナーズへ
4位 タイラー・アンダーソン
1300万ドル
デクスター・ファウラー
1650万ドル
➔ブルージェイズ・マイナーへ
5位 ランドル・グリチャック
1040万ドル
アレックス・カッブ
1425万ドル
➔ジャイアンツへ
6位 エドゥアルド・エスコバー
1000万ドル

上記、平均年俸が1000万ドル以上の選手に限定した年俸ランキング表です。

エンゼルスの場合、高額年俸選手が明らかに少ないです(^_^;)

特に2022年なんて二人だけですからね。

そのうち1人は全然活躍できていないという…

2023年でも1000万ドル以上は6人だけですし、バランスが悪く強くなるイメージが湧きません。

でもプレーオフ進出をかけて贅沢税ラインを超えるだけの補強をしたのは事実。

プレーオフが無理になってその選手たちを放出という経緯はあるものの、一応ちょっとは頑張ってましたよね。

贅沢税払いたくないのに、特定の選手とだけ巨額の契約…素人経営か!って突っ込みたいです。

この期間の大谷翔平の年俸、安すぎ!

ドジャースと超大型契約を結んだ大谷選手ですが、エンゼルスでのラスト3年間も相当安い年俸でした。

具体的な推移は、300万ドル➔550万ドル➔3000万ドル。

この間にMVP2回獲ってますからね…信じられない安さです。

とは言え二刀流を自由にやらせてもらえた環境は最高でしたし、本人もあまりお金のことは見ていないかも知れませんね。

日ハム時代含め、現在までの年俸推移などを以下にまとめたので興味ある方は見ていってください♪
➔大谷翔平の年俸推移など。時給116万円でトラウト、メッシ超え

《直近5年分》エンゼルス 年俸総額と順位、贅沢税について

西暦 贅沢税対象となる
チーム年俸総額
贅沢税 MLB全球団
チーム年俸総額
ランキング
シーズン結果
ア・リーグ西地区
2023年 2億3297万ドル 8位 4位
2022年 1億9327万ドル 11位 3位
2021年 1億9898万ドル 8位 4位
2020年 1億8263万ドル 9位 4位
2019年 1億8700万ドル 10位 4位

ご存知の方も多いと思いますが、エンゼルスは本当に弱い!

年俸総額はそこまで低くはありませんが、結局はトラウトとレンドーンで8割くらい使ってますからね。

そりゃー強くなるわけがありません。

※すみません、8割は明らかに言いすぎですが、体感それくらいですよね

2023年だけはトレードデットラインである程度補強し、一時は総年俸が贅沢税発生ライン(閾値)を超えていました。

ですがプレーオフが絶望となったら選手をウェーバーにかけて放出し、贅沢税回避に成功しています。

※2023年の閾値(贅沢税発生ライン)は2.33億ドルでした。それに対してエンゼルスの総年俸が2億3297万ドルとギリギリ。この辺の事情については、「贅沢税の仕組み、計算方法」解説ページを併せて参照ください。

モレノオーナーの考え方がエンゼルスの弱さの一番の原因ですね。

直近23年の順位結果

  1. アストロズ:90勝72敗
  2. レンジャーズ:90勝72敗
  3. マリナーズ:88勝74敗
  4. エンゼルス:73勝89敗
  5. アスレチックス:50勝112敗

ア・リーグ西地区はアストロズが本当に強いですよね!

最近は連続で優勝しまくりですが、その割に贅沢税もほぼ払っていません!

エンゼルスにこのチーム運営、見習ってほしいくらいです。

参考:アストロズ 年俸ランキングや年俸総額について

豆知識

エンゼルスが最近で地区優勝したのは2014年です。

この時は98勝64敗で勝率.605でした。

また2005年から2009年の5年間でも優勝4回しています。

エンゼルスにもそんな時代があったんですねー。

ちなみに2000年から18年間、監督はずっとマイク・ソーシアでした。

2024年シーズンの贅沢税は0円でしょうね

  • 1/24時点でのチーム総年俸:1億9,872万ドル
  • 2024年の贅沢税発生ライン:2億3,700万ドル
  • まだけっこう余裕あるし、贅沢税は今季もなしでしょう

大谷翔平選手がFAで去った今、大きな集客も見込めません。

グッズ売上も落ちるでしょうし、戦力もきっとダウン。

そんな状況で閾値を超えるほどの補強はしないでしょうし、2024シーズンも引き続き贅沢税は0円で着地することでしょう。

-メジャーリーグ, 大谷翔平

Copyright© スカパーやWOWOW、ネット配信の予定&視聴方法をナビゲート♪ , 2024 All Rights Reserved.