※当サイトで紹介するサービス、商品には広告も含んでおります。

メジャーリーグ 大谷翔平

ホームランダービー2023はいつ?7/11(火) NHK生中継や無料視聴はどうなの?

エンゼルス大谷選手の2023年ホームランダービー出場は完全になくなりましたね(^_^;)

でもア・リーグ2位のルイス・ロバートが出ますし、けっこう魅力的な参加者が集まってます。

オールスター前日のお祭り、日本でも楽しみましょう♪

というわけで、今年2023年、大谷選手も奇跡的に参加するかもしれないホームランダービーについての情報や視聴方法をわかりやすくまとめてみました♪

ポイント

  • MLBホームランダービー2023の開催は、日本時間7/11(火)9:00ころ
  • テレビ生中継1:NHK BS1(有料)
  • テレビ生中継2:J SPORTS ※月2,944円
  • 生配信はSPOTV NOWで見れる!(見逃し配信もあり)※月1,200円
  • 無料の民放各局では放送なし-テレ朝はオールスターの中継はやる
  • ご存知の通り、今年も大谷さんはダービーは出ません



2023年はゲレロが優勝



ホームランダービー2023はいつ開催?オールスターの前日7/11(火)です!

ホームランダービーはシンプルに1日間だけの開催です。

いつからいつまで、なんて長いイベントではないんです。

メジャーリーグの前夜祭的なイベントなので、以下の日程で行われますよ!

  • 現地:2023年7月10日(月曜日)18:00ころ
  • 日本時間:2023年7月11日(火曜日) 9:00ころ

つまりオールスターはこの次の日に開催されます。

開催日 ホームランダービー オールスター
アメリカ現地時間 7月10日(月)
18:00ころ
7月11日(火)
日本時間 7月11日(火)
9:00ころ
7月12日(水)

日本での放送(生中継、配信)はこの3つ!

大谷選手がホームランダービーに出た2021年、日本でも中継がありました。

そして2022年、大谷選手はダービーには出ないものの、ちゃんと生放送、ありました!

ですが・・・

そして2023年、以下の3つで生中継、生配信が楽しめます!

  • NHKスポーツ:【生中継】NHKBS1で11日午前8時55分から
  • J SPORTS:【生中継】2023年7月11日(火)午前 8時 45分~
  • SPOTV NOW:【生配信】2023年7月11日(火)8:35~
さすがスポーツ専門chのJ SPORTS、そしてSPOTV NOW!

J SPORTSはスカパーでサクッと1ヶ月分だけで解約できるので気が楽だと思います。

またSPOTV NOWは月1,200円で見られるのが良いですね!

※初めての利用であれば最初の31日間は無料で利用できます

しかも現地英語解説か日本語解説でホームランダービーが楽しめます!

日本人メジャーリーガーの試合も毎日ライブ配信されている点もすごく大きいと思います!

※J SPORTSでは2022年のホームランダービーは高橋尚成さんの解説でした!ちなみに今年は多村仁志さん、AKI猪瀬さんのコンビ!

無料ならNHK-BSに期待

NHKでのHRダービー放送、直前になって番組表に出てきました(^_^;)

無料であれば、現時点での一番の有力候補はNHK-BS1ですね。

※厳密に言えば、受信料が発生しているので無料ではないんですけどね(^_^;)

過去にもホームランダービー、更にはオールスターの生中継をしています。

普段からエンゼルス戦の生放送をちょこちょこやっていますし、ホームランダービーのニーズも今年はマックスに高いはず。

NHK契約中の方は、無料感覚でどうぞ楽しんでください。

2023年 ホームランダービーの参加者と組み合わせ、結果

選手名/年齢 チーム リーグ 今季HR数
1回戦vs ルイス・ロバートJr.(25歳)
※HRランキング2位
ホワイトソックス ア・リーグ 25本
アドリー・ラッチマン(25歳) オリオールズ ア・リーグ 11本
1回戦vs ピート・アロンソ(28歳)
※2019、21年連覇
メッツ ナ・リーグ 25本
フリオ・ロドリゲス(22歳)
※2022年準優勝
マリナーズ ア・リーグ 13本
1回戦vs ムーキー・ベッツ(30歳) ドジャース ナ・リーグ 23本
ゲレーロJr.(24歳)
※2019年準優勝
ブルージェイズ ア・リーグ 13本
1回戦vs アドリス・ガルシア(30歳) レンジャーズ ア・リーグ 21本
ランディ・アロザレーナ(28歳) レイズ ア・リーグ 16本

1回戦:フリオ・ロドリゲスが脅威の41本!

  • ⭕️ルイス・ロバートJr.:28本
  • ❌アドリー・ラッチマン:27本
  • ❌アドリス・ガルシア:17本
  • ⭕️アロザレーナ:24本
  • ❌ピート・アロンソ:21本
  • ⭕️フリオ・ロドリゲス:41本
  • ❌ムーキー・ベッツ:21本
  • ⭕️ゲレーロJr.:26本

準決勝、決勝:ゲレーロJr.が優勝!

  • ❌ルイス・ロバートJr.:22本
  • ⭕️アロザレーナ:35本
  • ❌フリオ・ロドリゲス:20本
  • ⭕️ゲレーロJr.:21本
  • ❌アロザレーナ:23本
  • 👑ゲレーロJr.:25本 🎉🎉🎉

MLB ホームランダービーのルールについて

メジャーリーグのホームランダービー自体、日本人はちょっと馴染みが薄いですよね。

ですがルールは至ってシンプルなトーナメント形式!

こんな感じです。

  • オールスター出場選手から8名が選抜され、トーナメント形式で争う
  • 制限時間は4分!
  • 440フィート(=約134.1m)以上のホームランを2本以上打つと、制限時間に30秒が追加される
  • 疲れるので、45秒間のタイムアウトを1度だけ使用可能(決勝では更に30秒の休みも1度使える)
  • 本数が同じだった場合は、更に1分間タイブレークでの競争が始まる
  • それでも決まらない場合は、3スイングずつで勝負!

1対1のトーナメント方式なので、決勝まで進めば全部で3回頑張らないといけません。

時間にしたら、最低でも12分間以上ですね!

それ故、ホームランダービーは体力的にかなりハードと言われています。

これで調子を崩してしまう選手も多いのですが、大谷選手曰く「何事も経験だ」とのこと!

確かにそうですね!

一番残念なのは大谷とゲレーロjr.が1回戦で当たること。できれば最終的に決勝で当たるような組み合わせになると盛り上がるのですが…



2021年はルール改正あり!

さきほど説明したホームランダービーのルールですが、2021年はルール改正がありました。

2021/07/09の発表です。

具体的には持ち時間の変更ですね。

  • 1回戦、2回戦(準決勝):3分
  • 3回戦(決勝):2分
  • 45秒間のタイムアウト使用は各ラウンド1回ずつ
  • 持ち時間終了後、1分の休憩後に30秒のボーナスタイム追加
  • 475フィート(約144.8メートル)以上のホームラン1本で、ボーナスタイム30秒追加
  • 後攻選手が先行選手の本数を抜いたらその時点で終了

これはバッターへの負荷を懸念してのルール変更です。

みなさん、これでだいぶ楽になったと思いますし、怪我やスランプのことを考えると良いルール改正だと思います(*^^*)

詳細:HRダービーのルールが一部変更 打者の負担を考慮した内容に(MLB.jp)

ホームランダービーの新記録保持者は誰?

現在の制限時間制が導入されてから、という条件付きですが、最高記録はゲレーロJr.です。

そう、今年も大谷選手とバンバンホームランキング争いをしていますね!

彼が2019年に出した記録で、第2ラウンドで40本、そして3ラウンド合計で91本のホームランを打っていますよ。

但しこの時は決勝でアロンソに敗れています。

優勝者ではないけども、本塁打の合計本数ではトップでした。

こちらがその時のゲレーロJr.の動画です!

歴代の優勝者

ホームランダービーで現在のトーナメント形式になったのは2015年からです。

なので、その年からの歴代優勝者をまとめておきました。

決勝で誰とあたったのか?何本打ったのか?も一緒に記載しておきますね!

開催年 優勝者 準優勝者
2015年 トッド・フレイジャー(15本) ジョク・ピーダーソン(14本)
2016年 ジャンカルロ・スタントン(20本) トッド・フレイジャー(13本)
2017年 アーロン・ジャッジ(11本) ミゲル・サノ(10本)
2018年 ブライス・ハーパー(19本) カイル・シュワーバー(18本)
2019年 ピート・アロンソ(23本) ゲレーロ・ジュニア(22本)
2020年 開催なし
2021年 ピート・アロンソ(23本)
※史上初、連覇!
トレイ・マンシーニ(22本)
2022年 ファン・ソト(19本) フリオ・ロドリゲス(18本)
2023年 ゲレーロ・ジュニア(25本)
※史上初、ダービー優勝!
アロザレーナ:(23本)



日本のホームランダービーとの違い(賞金、制限時間)

日本のプロ野球(NPB)でもホームランダービーはやっています。

こちらのほうが馴染みはありますよね!

実は日本でのホームラン競争もルール変更をけっこうしています。

で、現在の形はメジャーに非常に違いのですが、制限時間が2分間ということ。

そして賞金が激安の100万円です。

メジャーは優勝したら約1億円ですからね!

1対1のトーナメント制である点は同じですよ!

日米の違い アメリカ 日本
制限時間 4分間 2分間
休憩 あり なし
優勝賞金 1億円 100万円

ホームランダービーでは誰が投げるの?バッティング投手?

これは豆知識的な話になりますが、ホームランダービーに参加する打者によって誰が投手役をするのかは異なります。

練習の時のバッティングピッチャーかな?とも思ったんですが、絶対的なルールはないようですね。

結局、そのバッターが打ちやすい、相性の良い人が投げるみたいです。

大谷翔平のバッティングピッチャーはブルペン捕手・ブラウン氏

大谷選手がホームランダービーに出る際、投げるのはブルペン捕手のジェイソン・ブラウンという人です。

実はこの人はメジャー経験もない47歳なんですね!

でもエンゼルスでの球団スタッフとして働いています。

※過去にはヤンキースで5年間キャッチングコーチもしています。

2020年にキャンプ中に大谷選手の打撃投手をやっていたということで、その時に大谷選手が打ちやすい球筋だなーと感じたのかもしれません。

2021年 大谷選手のインスタでの出場表明動画がかっこよすぎる!

これ、もう見た方も多いと思います。

もし見ていないなら必見、見たとして何度も見ましょう笑

大谷選手のインスタにて、ホームランダービーへの出場を表明する動画形式の投稿がありましたね!

これまでのホームラン時の映像、そして裏で流れる英語実況が最高すぎです。

エンゼルスの公式ツイッターでも、このインスタを引用する形で出場を告知しています♪

2022年《決定》メジャーホームランダービーの参加選手は誰?

※以下の動画は2021の出場者8人です。

2022年7月15日、遂に参加者枠8人が全て決定です!

大谷さんはもちろん、トラウトやゲレロJr.、ジャッジなども出ません(^_^;)

ただ今年もホームランダービー最強のアロンソ、そしてナ・リーグHRトップのシュワーバーが出るなど楽しみすぎる!

シュワーバーは去年は辞退していたのに、今年は心境の変化でもあったんでしょうか。

※現時点での参加決定(もしくは参加意思表明)選手
⇒8名のエントリーが完了しました!

  • ピート・アロンソ(メッツ) ※2021の優勝者
  • ロナルド・アクーニャJr.(ブレーブス)
  • アルバート・プホルス(カージナルス)
  • ファン・ソト(ナショナルズ)
  • カイル・シュワーバー(フィリーズ)
  • フリオ・ロドリゲス(マリナーズ)
  • ホセ・ラミレス(ガーディアンズ)
  • コーリー・シーガー(レンジャーズ)

日本人としては大谷選手がホームランダービーに出るか?が大注目。

後半戦に影響してほしくないですが、出るなら今年も優勝目指して頑張って欲しいです!

その場合、ピッチャーはもう少し人選を考えたほうがいいかも、ですね(^_^;)

ファン・ソトが優勝!

そして・・・優勝はファン・ソト選手に決定です!

2021年《アロンソ2連覇》優勝はミスターホームランダービー!

ホームランダービー2021の優勝者はアロンソに決まりました!

2020年の開催はなかったですが、2019年に続いて2連覇、合計で3回目の優勝です。

アロンソは1回戦で既に格の違いを見せていましたね…ホームランを打つコツを会得しているようなバッティングでした。

そして大谷さんは1回戦でソト選手に延長、再延長の末に破れました。

仮に勝っていたとしても、2回戦でアロンソに負けていたと思います…。

ですが体力温存、怪我回避の観点で言えばプラスだったかもしれません(^_^;)

-メジャーリーグ, 大谷翔平

Copyright© スカパーやWOWOW、ネット配信の予定&視聴方法をナビゲート♪ , 2024 All Rights Reserved.