※当サイトで紹介するサービス、商品には広告も含んでおります。

プロ野球 メジャーリーグ

2024年 今永昇太(カブス)の年俸推移と成績|メジャー契約で年俸20億投手に!

横浜DeNAを代表する左腕、今永昇太投手。

今永先生の2023年シーズン年俸は1億4000万円でしたが、ここのまで推移をまとめました。

またメジャー挑戦の移籍金についても情報をまとめております。

今永選手、遂にカブスと契約決定です!

2024年 今永昇太の年俸と推移、成績(横浜➔カブス)

今永昇太投手は2023年でプロ8年目。

ドラフト1位・年俸1500万円から始まり、現在は1億4000万円になっています!

そして2024年はメジャリーグ、シカゴ・カブスでの4年契約が始まりますよ!

✅広島での年俸推移:1500万円➔4000万円➔8400万円➔6700万円➔1億3600万円➔1億円➔1億円➔1億4000万円

✅カブスでの年俸推移:900万ドル(+サインボーナス100万ドル)➔1300万ドル➔1500万ドル➔1500万ドル
※4年5300万ドル
※2年目以降、5年総額8000万ドルになる可能性もあり

年俸推移表(成績も)

西暦 年齢
※誕生日9/1
年俸 この年の活躍、成績
2015年 22歳 契約金1億円 駒澤大学で2年生の春季リーグ戦からエースに。
3年生の春季リーグ戦で3試合連続完封勝利を記録
2016年
※ドラフト1位
横浜DeNA入団
23歳 1500万円 22試合登板、防御率2.93、WHIP1.08
2017年 24歳 4000万円 24試合登板、防御率2.98、WHIP1.13
2018年 25歳 8400万円 防御率6.80で4勝11敗。過去最悪とも言える成績。
途中から中継ぎも経験
2019年 26歳 6700万円
※年俸ダウン
防御率2.91、WHIP1.08、13勝と完全復活
WBSCプレミア12でも活躍
2020年 27歳 1億3600万円 年俸1億超えしたけど調子いまいち。
左肩のクリーニング手術を受ける。
2021年 28歳 1億円
※年俸ダウン
19試合登板、防御率3.08、WHIP1.03
2022年 29歳 1億円
※年俸維持
21試合登板、防御率2.26、WHIP0.94
日ハム戦でノーヒットノーラン達成
※投手としてキャリアハイの成績
2023年 30歳 1億4000万円 防御率2.80、WHIP1.05、最多奪三振174をマーク
WBC日本代表としても投げる
➔ポスティングでのメジャー挑戦へ
2024年
※カブス入団
4年総額5300万ドル
31歳 1325万ドル
2025年 32歳 1325万ドル
2026年 33歳 1325万ドル
2027年 34歳 1325万ドル

今永昇太の年俸推移⤴ヒストリー

2016年:即戦力8勝、防2.93で年俸2500万円アップ

プロ1年目の2016年。

22試合に登板して8勝9敗。

負け越しではあるものの、防御率2.93で十分即戦力として機能しましたよね!

オフの契約更改で2500万円アップし、年俸4000万円を勝ち取っています。

2017年:11勝を挙げ、年俸倍増の8400万に!

前年と比較して数値的な上昇はなかったですが、勝ちが増えて負けが減りました。

この年は11勝7敗、防御率2.98、WHIP1.13。

何と年俸4000万円から2倍の8400万円です!

2019年:自己最多の13勝で年俸1億3600万円

前年は4勝11敗と苦戦しましたが、一気に13勝と完全復活!

※ちなみに13勝目は自身の誕生日♪

防御率2.91、WHIP1.08。

これを評価されて年俸が6700万円➔1億3600万円と大幅アップです。

2022年:ノーヒットノーラン達成、数値的にもキャリアハイ

交流戦の日ハム戦でノーヒットノーランを達成!

年間成績も素晴らしく、防御率、QS率はリーグ3位、WHIPはリーグトップとなりました。

※防御率2.26、WHIP0.94

年俸も自己最高で契約更新となり、1億4000万円に突入です。

今永昇太とカブスの契約詳細、年俸に関して

  • 2024年から4年総額5300万ドルの契約
  • 平均年俸は1325万ドル
    ※これはチーム内でも上位で、カブス年俸ランキングで6位となっています。
  • 2年後、3年後のオフに、1年延長して5年総額8000万ドルにできる球団オプションあり
  • 但し球団オプションが行使されない場合、今永投手がFAになる権利を行使できる

レア!2年目3年目オフに球団オプションあり

今永昇太選手の契約内容はちょっとレアです。

まず基本となるのが4年総額5300万ドル

契約金(サインボーナス)が100万ドルで、それ込みで平均年俸としてはシンプルに4年で割って1325万ドルとなりますね!

ですが2年目オフ、3年目オフに、契約内容を「5年総額8000万ドル」にできる球団オプションが付きます。

つまり今永昇太選手の活躍を見て、あと1年多く保有したいとカブスが思えるかどうか。

さらにカブスがこの球団オプションを行使しなかった場合は、今永さん側がFAになるか契約続行するかを決められるオプションもあるんですね。

もしFAにならないなら、今永さんが来季1500万ドルで契約できます。

※カブスが5年目の延長をしない場合の年俸推移
900万ドル(+サインボーナス100万ドル)➔1300万ドル➔1500万ドル➔1500万ドル

今永さんが活躍すればほぼ5年契約になるでしょう。逆に微妙な成績ならFAになっても獲得球団が出ないので、4年間カブスで過ごして、そのあとどうする?って話になりそうですね。

出来高やトレード拒否権について

まず出来高ですが、大きなところで言えばこの2点です。

  • 新人王獲得:25万ドル
  • サイ・ヤング賞獲得:100万ドル

またおそらくですが、各賞での投票5位以内ならいくら…という設定もありそうですね。

そしてトレード拒否権は一部のチームに対してあるようです。

ですが2年目3年目にカブスが延長オプションを行使した場合、トレード拒否権は全球団に対して敷かれることになりますよ。

横浜DeNAへの譲渡金は最小14億円、最大20億円!

今永昇太選手のポスティング移籍に伴う横浜DeNAへの譲渡金。

こちらは4年5300万ドルをベースに計算するなら982万5000ドルとなります。

日本円にして約14億円ちょっと。

尚、譲渡金の計算方法は以下の通りです。

  • 最初の2500万ドル×20%=500万
  • 次の2500万ドル×17.2%=437万5000ドル
  • 最後の300万ドル×15%=45万ドル
  • 合計:982万5000ドル

尚、カブスの球団オプションが行使されて5年総額8000万ドルとなった場合、追加の譲渡金が発生。

こうなると譲渡金は1387万5000ドルとなり、約20億円にまで膨らみますよ。

今永選手の横浜時代の年俸は合計しても7億円くらいです。古巣に金銭的な恩恵をかなり残してのカブス移籍となりました!

《比較》今永選手の契約金額は日本人7番目!

過去にプロ野球からメジャーリーグに挑戦した日本人はたくさんいますが、契約金額が高騰してきたのはつい最近ですよね。

トップはもちろん、ドジャース山本由伸選手。

この方はちょっと別格すぎるのですが、過去のデータと比較してみると今永昇太選手は7番目の高額契約金になっていました。

  1. 山本由伸(ドジャース):12年 3億2500万ドル
  2. 田中将大(ヤンキース):7年 1億5,500万ドル
  3. 吉田正尚(レッドソックス):5年 9,000万ドル
  4. 鈴木誠也(カブス):5年 8,500万ドル
  5. 千賀滉大(メッツ):5年 7500万ドル
  6. ダルビッシュ有(レンジャーズ):6年 6,000万ドル
  7. 今永昇太(カブス):4年 5300万ドル
山本投手は日本最終年の年俸が6億5000万円となっており、その時点でかなりの高給取りでした。MVP3年連続ですからね!

そして「メジャー移籍時」に限定しなければ、日本人で最も契約金額・年俸が高いのは大谷翔平選手ですね。

これはもうぶっちぎり、誰もこれは抜けません(^_^;)

ドジャースと10年7億ドルということで、北米スポーツの契約金額トップを大きく更新しましたから。

参考:大谷翔平 現在の年俸&時給116万円までの推移!トラウト、メッシ超え

-プロ野球, メジャーリーグ

Copyright© スカパーやWOWOW、ネット配信の予定&視聴方法をナビゲート♪ , 2024 All Rights Reserved.