※当サイトで紹介するサービス、商品には広告も含んでおります。

メジャーリーグ 大谷翔平

MLBメジャーリーグ2023のMVP発表日はいつ?大谷、シーガー、フリオ?

大谷さん、史上初の二度目の満票MVP!

2023年11月17日(金)、予想通り、大谷選手がMLBア・リーグMVPに選ばれました。

メジャー史上初の、2度目の満票MVP選出です!

ナ・リーグのアクーニャJr.と共に、とんでもない伝説を作ってくれましたね。

史上初ラッシュ!

  • メジャー史上初、二度目の満票MVP
  • ラスト25試合休んでのMVPも史上初
    ※これまではトラウトの19試合欠場が最長でした
  • 2023年は両リーグにおいてどちらも満票MVP、これまた史上初!
  • 同じ年に新人王になった選手が、揃ってMVPになるのも史上初!

そして犬とのハイタッチで喜ぶ姿が話題に笑

かわいすぎる…



MLBア・リーグのMVPですが、今年はもう大谷選手一択という感じでしたね!凄すぎてライバル不在(^_^;)

※リーグMVPの発表は日本時間の11/17(金)午前8時で確定です!大谷さん受賞はほぼ確ですが、その評価のヤバさは本記事を読んで楽しんでください。

また同じ日にディズニープラスで大谷さんのロングインタビュー作品が独占配信されます。これもファンであれば絶対にチェックです!

➔プランは二択!大谷翔平🦄ディズニープラス「Beyond the Dream」



日本人としては大谷選手の存在が大きく、そろそろ2023年シーズンのメジャーリーグシーズンMVPの発表が気になってしまいまよね!

昨年は残念ながらジャッジに負けちゃいましたが、今年もア・リーグMVP、あると思います!

(というか、もう大谷選手しか居ないでしょ、という流れ!)

とりあえず全てが確定する運命のMVP発表日。

MLBメジャーリーグ2023のMVPは誰が有力で発表日はいつなのか?って部分をこちらのページで紹介していこうと思います。

ア・リーグMVPは、、、shohei ohtani!!と呼ばれる瞬間を夢見ておきましょう!

このページで分かること

メジャーリーグ2023のMVPはいつ決まる?発表日は金曜の可能性大!

シーズンMVPの発表は日本時間2023年11月17日(金)午前8:00

追記:メジャー公式サイトにて遂に正式情報が出ました!MVPの発表は、現地時間11月16日午後6時、日本時間だと17日(金)午前8時からです!

メジャーリーグのシーズンMVP発表ですが、タイミングはいつも一緒です。

それはずばり、ワールドシリーズが終わる11月の中頃。

過去のMVP発表の時期を見るとそれがよくわかります。

西暦 現地アメリカ 日本時間 MVP選手 所属チーム
2023年 11月16日 11月17日 ア・リーグ 🦄大谷翔平🦄
※2度目の満票MVP
エンゼルス
ナ・リーグ ロナルド・アクーニャJr. ブレーブス
2022年 11月17日 11月18日 ア・リーグ アーロン・ジャッジ
※大谷翔平は2位
ヤンキース
ナ・リーグ ポール・ゴールドシュミット カージナルス
2021年 11月18日 11月19日 ア・リーグ 🦄大谷翔平🦄 エンゼルス
ナ・リーグ ブライス・ハーパー フィリーズ
2020年 11月12日 11月13日 ア・リーグ ホセ・アブレイユ ホワイトソックス
ナ・リーグ フレディ・フリーマン ブレーブス
2019年 11月14日 11月15日 ア・リーグ マイク・トラウト エンゼルス
ナ・リーグ コディ・ベリンジャー ドジャース
2018年 11月15日 11月16日 ア・リーグ ムーキー・ベッツ レッドソックス
ナ・リーグ クリスチャン・イエリッチ ブルワーズ
2017年 11月16日 11月17日 ア・リーグ ホセ・アルトゥーベ アストロズ
ナ・リーグ ジャンカルロ・スタントン マーリンズ
2016年 11月17日 11月18日 ア・リーグ マイク・トラウト エンゼルス
ナ・リーグ クリス・ブライアント カブス

しかもこれ、過去にさかのぼって見るとわかるのですが、日本時間だと全て金曜日になっているんですね!

ということは、2023年のシーズンMVP発表も日本での金曜日。

つまり【2023年11月17日(金)】になると思って間違いなさそうです。

尚、今年のワールドシリーズもラストゲームは2023年11月頭の予定です。

それが終わって1-2週間と考えると、タイミング的にもちょうど良いですね。

その翌週の金曜までMVP発表を引っ張ることは無いと思います。



ライブ配信あり!SPOTV NOWにて!

2022年に続き、2023年もシーズンMVP発表のライブ配信があります。

スポーツ配信サービスのSPOTV NOWにて、です。

参考:SPOTV NOWでメジャーリーグを見た感想。大谷、吉田、千賀、全部見れる!

近藤祐司さん&村田洋輔さんのコンビで配信をお伝えるする形になってます。

日本時間11/7(火)午前8時からなので、社会人であれば配信を見るのはけっこう厳しいと思います。

でも都合が合う方はぜひどうぞ♪

SPOTV NOWはMLBでの日本人選手の試合をほぼ全て生配信してくれている今や当たり前のサービスですね!

2023ア・リーグMVP、最終候補はこの3人!

遂に2023シーズン、ア・リーグMVPの候補が3人に絞られました。

エンゼルスの大谷さん以外は、ワールドチャンピオンチームであるレンジャーズのシーガーとセミエン選手!

チームとしての力は圧倒的ですが(^_^;)、最も価値のある選手という意味では絶対に大谷翔平さんでしょう!

今年こそは間違いなりと思います。

MVP発表日、11/17(金)を待ちましょう!

大谷翔平MVP!決定を受けて祝福メッセージきたーーー!

トラウト「Proud of you, brother」インスタ

侍ジャパン盟友!ヌートバー動画

メジャーMVPの選出方法について

BBWAAの記者投票で決まる仕組みだよ

以下、ウィキからの引用となりますが、これを読んでみてください。

選出は全米野球記者協会(Baseball Writers Association of America;略称BBWAA)の記者投票によって行われる。日本と異なり、投票の結果はMVPポイントとして受賞者のほか「どの選手がどれほど得票できたか」まで公開される。また、投票に参加した記者の名前(及び所属メディア名)、どの記者が誰に投票したかまでが公開され、それらは全米野球記者協会の公式サイトで閲覧可能である。
投票方法は、BBWAAから選出された記者30人がリーグの10名までに順位をつけ投票する。1位の選手には14ポイントのMVPポイント(2位は9ポイント、以下1ポイントずつ減り10位が1ポイント)が与えられ、そのMVPポイントの合計が一番多かった選手がMVPとなる。
※引用元:ウィキペディア

なるほど、BBWAAと呼ばれる「全米野球記者協会」の記者さんの投票で決まるわけですね。

投票権を持っているのが全員で30人。

その記者たちが、ベスト10の選手を選び、1位の選手から高いポイントが付与されていくと。

そしてその合計値でシーズンMVPが決まる仕組みのようです。

1位票で14ポイント入りますので、これは2位票の9ポイントとは3点差。

やっぱり1位票と2位票の差は大きいです!

過去に満票1位でMVPになった選手はこの5名!凄い!

  • 1997年:ケン・グリフィー・ジュニア
  • 2002年:バリー・ボンズ
  • 2009年:アルバート・プホルス
  • 2014年:マイク・トラウト兄さん
  • 2021年、2023年:大谷翔平

MVPには《WAR》が大きく関わっている

リーグMVPを選考するにあたり、かなり参考にされているのがWARです。

これは野球における統計学を利用した算出数値。

走攻守での貢献度を計算したものなんですが、現在のメジャーリーグではこれが大きな意味を持っているんですね。

WARのポイントは日々更新されており、誰でも簡単にチェックすることができます。

参考:大谷翔平のWARはいくつ?2022年MLB最新の数値、チェック方法

2021シーズンの大谷さんのWARですが、納得のメジャー全体1位でした!

投票権を持っている30人の記者って誰?

ここで気になったのが、MVP選出の投票権を持っている30人って誰?ってこと。

めちゃくちゃ影響力がある30人ってことになるし、凄い権利ですよね、これ。

ただね、アメリカでのイベントですし、具体的な名前まではよくわかりませんでした(^_^;)

ただ2021年は大谷フィーバーでかなりしっかり報道されると思いますし、記者30人がわかればこちらに追記していきたいと思います。

🆕追記:2023年の投票記者と、その結果がこちらになります!

2023年 MLBア・リーグのMVP投票記者名と結果(大谷翔平満票MVP)

シーズンMVPの選考対象成績はあくまでもレギュラーシーズンのみ!

メジャーリーグのレギュラーシーズンが終わると、今度はポストシーズンに突入です。

2021年で言えば、日本時間10/4にMLBのレギュラーシーズンが終了。

そして10/6からポストシーズンが始まっています。

※エンゼルスはポストシーズンとは無縁なので、日本ではあまり注目されていませんが(^_^;)

となると、シーズンMVPの選出にポストシーズンでの活躍や成績も含まれるのでは?大谷さん不利だよね?って心配が出てきます。

ですがそれはご安心を。

「シーズンMVP」はあくまでもレギュラーシーズンのみが選考対象になります。

ポストシーズンでいくら活躍しても、「シーズンMVP」に与える影響は皆無となっているんですね!

参考:MLBポストシーズンの仕組みや過去のMVP獲得選手など

「シーズンMVP」の投票日はポストシーズンが終わる前に行われますので、投票記者も平等な気持ちで投じることができます。

※とは言え、その選手の活躍でプレーオフに進めたかどうかは多少は見られている気がします…

メジャーでMVPを獲った場合の賞金はいくら?

メジャーリーグは契約年俸もめちゃくちゃ高いですよね。

なのでMVPなんて獲ったらものすごい額の賞金がもらえるのでは?と考えてしまいます(^_^;)

10億円くらいもらえるのでしょうか?

シーズンMVP、ワールドシリーズMVPでも賞金なし!

調べてみると、シーズンMVPに選ばれても賞金は出ないとなっています。

えーーマジか!それはびっくり!

2001年にイチロー選手がシーズンMVPになりましたが、賞金はなし(との報道)でしたよ。

またワールドシリーズでMVPに選ばれたとしても賞金はありません。

過去には日本人選手として松井秀喜選手がMVPに選ばれました。

ですがあの時も賞金はなしで、トロフィーがもらえて終了ということになっています。

あくまでも名誉としてのMVPということになりますね!

そもそもMLBでMVPを獲れる選手の場合、既に高額年俸で契約していることが多いですしね!

賞金というよりも、チームからのボーナス、契約更新に期待!

MVPをとっても賞金が無いとは言え、所属チームからのボーナスに反映されることが多いです。

契約の際にそういった取り決めがされていることがほとんどでしょう。

具体的にMVPを獲得したら、、、という感じではなく、「出来高」という言葉でまとめられているかもしれませんね。

またMVP選手になることで、次回の契約時に大幅年俸アップになったり、長期の大型契約につながる可能性も出てきます。

今後の選手生活に与える影響はめちゃくちゃ多いわけです。

金額に換算したら、それこそ何十億、いや100億200億の価値があると言ってもいいでしょう。

【おまけ】ホームランダービー優勝なら1億以上の賞金

逆に賞金が出る例として有名なのはオールスター前日に開催されるホームランダービーです。

こちらで優勝すれば100万ドル(日本円で1億1000万円ほど)がもらえますよ!

2021年はアロンソ選手が優勝して賞金ゲットです。

大谷選手は1回戦で敗退でしたが、それでも賞金15万ドル(1650万円)がもらえています。

参加するだけでその金額って、、、メジャーリーグって凄いですね(^_^;)

参考:ホームランダービーはいつ?ルールや結果など

2023は二刀流キャリアハイ!MVP以外の獲得タイトル

メジャーリーグで強烈な二刀流インパクトを残した2021年。

この時もア・リーグMVPに文句なしの満票MVPだったわけですが、2023シーズンは大谷さんの二刀流キャリアハイイヤーです。

ユニコーンを見慣れた感もありますが、リーグMVP以外でのタイトルや受賞をまとめておきますね!

ベースボールアメリカのMVP:大谷翔平

専門誌ベースボール・アメリカが発表する毎年の年間最優秀賞、MVP。

10/3(火)に発表されましたが、こちらのMVPは大谷翔平さん!

今年も来ましたね!

ベースボール・ダイジェストのMVP:大谷さんは2位

米野球専門誌「ベースボール・ダイジェスト」のMVP。

こちらでは大谷さはニ年連続の2位でした。

MVPはブレーブスのロナルド・アクーニャJr.

史上初の「40本塁打&70盗塁」ですからね、、、このインパクトは凄まじいです(^_^;)

スポーティングニュースのMVP:大谷さんは2位

スポーツメディア「The Sporting News」のMVPでも大谷さんは2位となりました。

でもDH部門があり、そこでは文句なしの1位です。

で、MVPはもちろんアクーニャJr.で242票入ってます!

大谷さんは44票なのでけっこう大差(T_T)

現役選手、各球団の監督、フロント陣が投票しているアワードなんですよね、これは。

  1. アクーニャJr:242票でMVP
  2. 大谷翔平:44票
  3. ムーキー・ベッツ:36票
  4. マット・オルソン:17票
  5. コーリー・シーガー:15票

選手間投票MVP:大谷さんは2位でア・リーグ最優秀野手

選手間での投票で決まるMVP「プレーヤーズ・チョイス・アワード」

2023年のMVPはやっぱりロナルド・アクーニャJr.でした。

ですが大谷選手はア・リーグ最優秀野手「アウトスタンディング・プレーヤー」に決定。

当然2021の時は大谷さんがMVPでしたが、2023は難しかったですね(^_^;)

でも実質ア・リーグ選手のMVPみたいなものなので納得です。

11/10(金)DH部門でシルバースラッガー賞

2021年に続き、DHでの2度目のシルバースラッガー賞受賞です!

最終候補入りはアルバレス(アストロズ)と大谷さんでしたが、今季は大谷さんのほうが明らかに上。

あと1回受賞すれば、日本人選手としてはイチロー選手に並びますよ。

さぁて、これでまたMVPに一歩近づきました。

12/1(金)エドガー・マルティネス賞(最高のDH)

最も優れたDHに贈られるエドガー・マルティネス賞。

わかっていましたが今年も受賞し、これで3年連続となりました!

過去にはデビッド・オルティスが5年連続受賞(計8回)していますが、大谷さんならその記録も抜けるかも知れませんね。

こちらはMLB全体で1選手だけ選ばれます!

12/17(日) ハンク・アーロン賞 ※初受賞

2023年は満を持してのとなりました!

2021年のMVP時には、ハンク・アーロン賞は穫れませんでした。

※この時はゲレーロJr.が受賞、そして翌年はジャッジ。

これでMVPとハンク・アーロン賞をダブルで受賞し、リーグ最強の打者の証となりました。

参考:ハンク・アーロン賞 発表日はいつ?大谷翔平への投票方法もカンタン

12/17(日) オールMLBファーストチーム(投手&DH)

オールMLBチームに関しては、これまで投手とDHどちらも選出されていた大谷選手。

ですが投手とDHではファーストチームとセカンドチームで選ばれ、どちらもファーストチーム選出はなかったです。

でも2023年はどちらでもファーストチーム入り!

これで完全体の二刀流選手となったのはないでしょうか!

2024年から同僚になるフリーマンとベッツも安定のファーストチーム選出!

12/21(金)AP通信年間最優秀男性アスリート

大谷さんは2度目の受賞となる「AP通信年間最優秀男性アスリート」に輝きました。

87票中20票という結果になっており、2位には16票でリオネル・メッシとジョコビッチ。

思った以上に僅差だったんですね。

おそらくこの先、レブロン・ジェームズの4回受賞の記録に追いつきそうな気もします。

ア・リーグMVP2023は大谷さんの一択?今季の活躍、評価がやばい

MVP争いはシーズン後半まで行われますが、途中途中でMLB公式からもいろいろ発表があります。

MVP模擬投票なんてのもあったりしますし、発表当日まで重要と思われるものをご紹介していきますね。

はい確定!5度目の模擬投票でも満票1位(9/8)

前回からちょうど1ヶ月、、、大谷さんは腕の靭帯損傷で投げられていませんし、規定イニング数も割りました。

ホームランも全く出ていないのですが、それでも54人の満票1位でMVP評価を受けています。

10月にはシーズン終了ですし、ホームラン王もほぼ確定なのでこれはMVP非常に硬いですね。

もうこれで決まりだと思います。2位以下は脇役でしかない、それくらいの差があると言ってもいいでしょう。

4度目の模擬投票でも満票1位(8/8)

前回から1ヶ月も経っていませんが、4回目のMVP模擬投票。

はい、大谷さんが不動の48人満票での1位キープです!

ルイス・ロベルトがちょっと下げて、上がってきたのがタッカー!

とは言え、1位と2位の間にはどうしようもないほどの差がある、、、と思って間違いなさそうです。

🎉2ヶ月連続となる月間MVP受賞(8/3)

なんとなんと、6月に続いて7月も月間MVP受賞となりました。

大谷さん自身はこれで通算4度目。

月間成績としては、78打数22安打で打率.282、9本塁打、14打点、OPS1.152、だそうです!

投手としては2勝2敗、防御率4.97。

🎉今季3度目の週間MVP(8/1)

投げてはタイガース戦で初の9回1安打完封勝利。

その直後には1試合2本のホームラン、更に翌日にまた1本…

ダブルヘッダーでの歴史的な活躍で文句なしの週間MVPです。

はい、もうですね、リーグMVP確定しました(^_^;)

3度目の模擬投票にて満票1位(7/14)

オールスターも終わり、明日から後半戦!というタイミングでMVP模擬投票です。

今回の投票者数は47人で、全員が大谷さんに投票。

日に日にMVPが近づいてきている状況です!

ア・リーグ

  • 1位:大谷翔平(エンゼルス) ※満票
  • 2位:ルイス・ロベルト(ホワイトソックス)
  • 3位:ワンダー・フランコ(レイズ)
  • 4位:ヤンディ・ディアス(レイズ)
  • 5位:アドリス・ガルシア(レンジャーズ)

ナ・リーグ

  • 1位:ロナルド・アクーニャ(ブレーブス) ※満票
  • 2位:ムーキー・ベッツ(ドジャース)
  • 3位:コービン・キャロル(Dバックス)
  • 4位:フレディ・フリーマン(ドジャース)
  • 5位:ルイス・アラエス(ツインズ)

リーグは違いますがベッツが2位、、、いやーさすがです。

ドジャースは大谷さんの移籍先としても有力ですし、ベッツともWBC以来接点が増えてますからね…

非常に気になる存在ではあります。

参考:大谷翔平さんとムーキー・ベッツ!必見の絡み、動画など🥰

🎉6月の月間MVP&週間MVPのダブル受賞(7/4)

2023年6月、絶好調だった大谷選手が、自身3度目の月間MVPに選ばれました。

この成績なら文句なしですよね!

✅打率.394/15HR/29打点/OPS1.444
✅30回1/3登板で37奪三振

リーグMVPになった2021年シーズン以来です!

更には2週連続の週間MVPも同時受賞…

ナ・リーグはロナルド・アクーニャJr.が月間(週間も)MVPでしたー。

🎉5度目の週間MVPでより強固なものに…(6/21)

日本時間6/21、大谷さんが自身5度目となる週間MVPを受賞しました!

まぁ明らかにこの週はア・リーグ内でも大谷がダントツの活躍でしたからね。

ライバルは不在状態でした!

これでリーグMVPに更に一歩近づきました\(^o^)/

ブックメーカー「BetMGM」のリーグMVPオッズが1.22倍に…(6/20)

アメリカってなんでも賭けの対象になったりしますが、MLBで言えばMVPが誰になるか?もそうですよね。

開幕前からブックメーカーが動き出しますが、2023年は6/20時点で大谷さんのMVPの倍率が一気に低下…他選手との比較にならないレベルです。

それが以下の通り。

  • 大谷翔平 -450:1.22倍
  • ジャッジ +1800:19倍
  • シーガー、セミエン +3000:31倍
  • ワンダー・フランコ +3500:36倍
  • アロザレーナ +4000:41倍
ジャッジとは10倍、いや約20倍もの差になっています(^_^;)

2023年2度目のMVP模擬投票でも大谷さん1位(6/13)

前回のMVP模擬投票から約1ヶ月ちょっと。

今回も大谷翔平さんがア・リーグで1位です。

前回よりも1位票は減ってジャッジが2位に浮上。

ただしこの日、大谷さんは20号ホームランを打ってHR数トップになっています。

この調子で行けば、3回目の模擬投票は更にぶっちぎりかも。

2023年初のMVP模擬投票(1位=大谷翔平、アクーニャ)

ご覧のようにア・リーグは大谷翔平選手が1位票を一番集めている模様です。

現状、2位以下に圧倒的な差と言ってもいいでしょう。

そしてナ・リーグのほうではこれまたアクーニャ.Jrが圧倒的な1位です。

《おまけ》伝説の2021シーズン、大谷さんMVPとそれ以外のタイトル受賞

以下は2021年シーズンの情報になります。

【感動】2021年は大谷さん!日本人選手初の満票でシーズンMVPに!

大谷選手のMVPはほぼ決まっていたようなものですが、問題は満票かどうか?という感じでしたね。

ですが期待通り、全記者からの満票獲得でア・リーグ2021シーズンMVPに選ばれました!

これ日本人選手としては初ですからね!

あのイチロー選手がMVPを獲得した時も満票ではなかったです。

もう快挙というか伝説レベルの選手になりそう…。

ゲレーロJrも別の年だったらMVPだったんでしょうけど、2021年は本当に大谷選手の1年となりましたね!

《動画》トラウトからのMVP祝福コメント

《インスタ》元同僚・イグレシアスからも祝福のコメント&写真

友達・大谷翔平が2021ア・リーグ MVPに選ばれたことを祝福します!
今シーズン、あなたとプレイし、そして試合を見ることができて光栄でした。
彼がフィールド内で素晴らしい選手であり、フィールド外でもさらに素晴らしい人物です。
おめでとう!

大谷がベースボール・ダイジェストの最優秀選手に!

MLBのシーズンMVPとは異なりますが、まずは大谷選手が一冠です!

というのも、専門誌ベースボール・ダイジェストから2021年の野手・最優秀選手に選ばれました。

ピッチャーではありません、野手です。

つまり指名打者での打撃成績だけで選ばれたということですね!

全米野球記者協会の会員ら19人が投票して、うち16人から1位の票を獲得しての今回の受賞となっています。

大谷さんは基本投手です。

にも関わらずこの受賞は次元を超えた凄さと言っていいでしょう!

シルバー・スラッガー賞(11月12日発表)

※ファイナストに入っていたシルバースラッガー賞の選考ですが、無事大谷選手が受賞しました!

各ポジションで最も優れた打者を選出するシルバー・スラッガー賞。

ア・リーグ、ナ・リーグの監督、コーチが選ぶことになっています。

OPS(出塁率+長打率)やホームラン、打点、塁打数など客観的な数値はもちろん、選考する人の主観的な評価も加わるそうです。

2021年は、日本時間で11月12日発表。

DH部門では、大谷翔平選手含む、以下の選手たちがファイナリストに選ばれています!

  • 大谷翔平(エンゼルス)
  • ヨルダン・アルバレス(アストロズ)
  • スタントン(ヤンキース)
  • ジョーイ・ギャロ(ヤンキース)
  • ネルソン・クルーズ(レイズ)
過去にはイチロー選手もこのシルバー・スラッガー賞を受賞しています!しかも3回も、です\(^o^)/

※2021年のシルバースラッガー賞の受賞者はポジション別にこのようになりました。

ポジション アメリカン・リーグ ナショナル・リーグ
指名打者
or ピッチャー
大谷翔平 マックス・フリード
キャッチャー サルバドール・ペレス バスター・ポージー
ファースト ゲレーロ・ジュニア フレディ・フリーマン
セカンド マーカス・セミエン オジー・アルビーズ
サード ラファエル・デバース オースティン・ライリー
ショート ザンダー・ボガーツ タティス・ジュニア
外野手1 テオスカー・ヘルナンデス ブライス・ハーパー
外野手2 アーロン・ジャッジ フアン・ソト
外野手3 セドリック・マリンズ ニック・カステヤノス

※過去の受賞者はウィキペディアでも詳細に載っています。

「コミッショナー特別表彰」を受賞(10月27日発表)

日本時間10月27日、大谷選手がメジャーではジーター以来7年ぶりとなる「コミッショナー特別表彰」を受賞しました!

これ、史上16度目の非常に貴重なもの。

あのジーター選手以来ですし、実はイチロー選手も受賞歴があります。

他には誰でも知っているこんな選手も…

  • マーク・マグワイア
  • サミー・ソーサ
  • カル・リプケンJr.
  • バリー・ボンズ
  • ロジャー・クレメンス

などなど。

もうシーズンMVPに限りなく近いのは間違いないですね!

っていうかコミッショナー特別表彰はシーズンMVPよりも獲得が難しいと言われています。

年間最優秀選手「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」(10月29日発表)


※超有名メジャーリーガーからの祝福コメント動画

日本人初の快挙です!

メジャーの選手間投票で決まる年間最優秀選手「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」。

なんとこれに大谷選手が選ばれました!

MLB選手184人へのアンケートが行われ、うち56%の票が大谷さんに入ったそうです。

※逆に残りの44%がどうなっているのか?も知りたいですね(^_^;)

ハーパーやシャーザー、そして同僚のトラウト兄さんからの祝福コメント動画もまたアツいです!

ジャイアンツのポージーは「リトルリーグで全力でプレーする12歳がそのまま大人になったよう」とコメント。

これまさにそうです。

あとはオールスターの大谷先発に不満そうだったレイ選手も祝福していてよかったです(*^^*)

ア・リーグ最優秀野手(10月29日発表)


※「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」、「アウトスタンディング・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」のW受賞を祝福・報告するエンゼルスの公式ツイッター

「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」と同時に受賞したのがア・リーグ最優秀野手「アウトスタンディング・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」です。

もうどんだけ獲るんだと、、、ホント別格すぎる選手ですね(^_^;)

ちなみにこちらの賞も、日本人だとイチロー選手が受賞したことがあります。

最終候補としてはゲレロjrや、二冠王のペレスも残っていました。

そこに競り勝ってのア・リーグ最優秀野手の称号ですから、これはシーズンMVPも間違いないでしょう!

All MLBで初の二刀流選出!(DH&投手)

ファン投票などで選ぶ「オールMLBチーム」。

2019年から始まったばかりですが、リーグMVPの大谷選手がDHと投手ポジションで選ばれました!

DHがファーストチーム、投手ではセカンドチーム、です。

さすがにどちらもファーストチームとはいきませんね。

でも今後、二刀流でどちらでもファーストチーム入りの快挙が見られる可能性はあると思います!

-メジャーリーグ, 大谷翔平

Copyright© スカパーやWOWOW、ネット配信の予定&視聴方法をナビゲート♪ , 2024 All Rights Reserved.