メジャーリーグ

【簡単】MLB ポストシーズン(プレーオフ)の仕組み!エンゼルス大谷やカブス鈴木は?

メジャーリーグ プレーオフのトーナメント表(対戦カード仕組み)

メジャーリーグはレギュラーシーズン後のポストシーズン(プレーオフ)がかなり盛り上がります。

日本でいうクライマックスシリーズのようなもので、ここに日本人選手が出場するとより注目度もアップですね。

2021年はア・リーグMVP大谷翔平選手のエンゼルスはポストシーズンに行けず…。

ですが2022年以降もMLBの楽しみは続くので、この辺でポストシーズンの仕組みについて勉強しておきましょう。

複雑な印象もあるのですが、一度覚えてしまえば全然難しくないですよ\(^o^)/

いや、むしろシンプルな仕組みとなっています。

ポストシーズンもプレーオフも意味は同じ

「ポストシーズン」やら「プレーオフ」やらいろんな表現がありますが、この2つは基本的に同じ意味です。

プレーオフっていうのがチャンピオンを決めるためのステージ。

そしてプレーオフが行われている期間や仕組みをポストシーズンと呼んでいるだけですね。

年間162試合のレギュラーシーズンに対して、真のチャンピオンを決めるためのポストシーズンがある!という認識です。

ポストシーズンとは、スポーツ(特に球技)のリーグ戦において、リーグ戦の成績上位チームによる順位決定トーナメント(プレーオフ)を総じて表現するものである。

上記はWikipediaから引用です。

MLB プレーオフの仕組み=トーナメントです!

MLBのポストシーズン(プレーオフ)の仕組みとしては、単純なトーナメント制でしかありません。

至ってシンプル、簡単なんです。

  1. ア・リーグとナ・リーグ、それぞれ各地区上位チームでリーグ王者を決める
  2. 両リーグの王者が戦い、ワールドチャンピオンを決定!

これだけですよ♪

《必須》メジャーリーグの両リーグ編成

※2021年、レギュラーシーズンの順位通りにチーム名を記載しております。

ア・リーグ ナ・リーグ
東地区 東地区
  • レイズ
  • ヤンキース
  • レッドソックス ※沢村拓一
  • ブルージェイズ ※菊池雄星
  • オリオールズ
  • ブレーブス
  • フィリーズ
  • メッツ
  • マーリンズ
  • ナショナルズ
中地区 中地区
  • ホワイトソックス
  • ガーディアンズ
  • タイガース
  • ロイヤルズ
  • ツインズ ※前田健太
  • ブリュワーズ
  • カージナルス
  • レッズ
  • カブス ※鈴木誠也
  • パイレーツ ※筒香嘉智
西地区 西地区
  • アストロズ
  • マリナーズ
  • アスレチックス
  • エンゼルス ※大谷翔平
  • レンジャーズ
  • ジャイアンツ
  • ドジャース
  • パドレス ※ダルビッシュ
  • ロッキーズ
  • ダイヤモンドバックス

プレーオフの仕組みを語る前に、まずは事前知識としてMLBの両リーグ編成を知っておきましょう!

ア・リーグとナ・リーグの2つがあるのはご存知かと思いますが、それぞれ15球団、合計30チームが存在しています。

そしてどちらのリーグも5チームずつの地区編成がされているんですね!

  • 東地区
  • 中地区
  • 西地区
レギュラーシーズンを通して各地区での1位を目指し、そのチームがプレーオフに進めます。

プレーオフでの対戦カード

メジャーリーグ プレーオフのトーナメント表(対戦カード仕組み)

はい、この図で表したトーナメント表こそがMLBプレーオフの仕組みそのものです!

ご覧のように各リーグでのリーグチャンピオンを決め、最後にそのチャンピオン同士が対決する…

日本で言うところのクライマックスシリーズ&日本シリーズに似ていますよね。

各地区で優勝できなくても、勝率が良いとワイルドカードで出場もできます!

===プレーオフの出場条件(リーグ別)======

地区優勝した3チーム
(優勝チーム以外で)勝率の高かった2チーム ※ワイルドカードとして対決

ワイルドカードゲーム ※1試合のみ

「ワイルドカード」って何?って方も多いと思うんですが、これは日本のクライマックスシリーズで言う2位・3位のチームの戦いだと思ってください。

地区優勝しなくても、勝率が高い上位2チームが一発勝負のワイルドカードに出れます。

ここで勝ったほうがディビジョンシリーズ本線に進出です。

尚、ディビジョンシリーズで当たるのはレギュラーシーズンで最も勝率の高かった地区優勝チームなので、同じリーグでも数字上は最も強いチームと戦うことになりますね!

ポイント

ワイルドカードは同じ地区の2位と3位の戦いになることもあります。

勝率で考えると、別の地区の2位チームでの戦いになるのが普通っぽいですけどね。

例えば2021年のア・リーグワイルドカードはレッドソックスとヤンキースでした。

※東地区の2位と3位

ディビジョンシリーズ ※5戦3勝で勝ち抜け

地区優勝3チーム+ワイルドカードで勝った1チームの合計4チームでの勝ち抜け戦。

ここで勝利すればリーグチャンピオンを決める試合に駒を進められます。

対戦カードの仕組みもうまくできており、以下のように毎年固定となっています。

  • 地区優勝で勝率1位チーム vs ワイルドカード勝者
  • 地区優勝で勝率2位チーム vs 勝率3位チーム

ここでは5戦のうち先に3勝したほうが勝利となります。

ホームのほうが有利になりやすいですが、これは勝率の高かったチームの特権。

つまり5戦のうち、3試合がホームでできるということです。

リーグチャンピオンシップシリーズ ※7戦中、4勝で決定

ディビジョンシリーズを勝ち抜いたチーム同士での戦い。

つまりこれが各リーグでの優勝決定戦となります。

日本のプロ野球だとパ・リーグ覇者、もしくはセ・リーグ覇者決定戦というイメージですね。

全部で7戦まであり、先に4勝したほうが勝ちです。

レギュラーシーズンにおいて勝率が高かったほうがホームで4戦できるアドバンテージが与えられていますよ。

ワールドシリーズ ※7戦中、4勝で決定

プレーオフの頂点がワールドシリーズ!

両リーグのチャンピオンが激突し、その年の本当の王者を決める戦いですね。

日本で言えば日本シリーズ。

7戦のうち、先に4勝したほうがチャンピオン。

ホームで4戦できるホームアドバンテージは、ここでもレギュラーシーズン中での勝率の高かったほうに与えられます。

2021年のメジャーリーグプレーオフはどうだった?

では先程のプレーオフの仕組みをおさらいする形で、2021年の場合を例に振り返ってみましょう!

アメリカン・リーグ

ワイルドカード

レッドソックス(東地区2位)vs ヤンキース(東地区3位)

6-2でレッドソックスが勝利!

地区シリーズに駒を進める

ディビジョンシリーズ(地区シリーズ)

レイズ(東地区1位) vs レッドソックス(東地区2位)
⇒3勝1敗でレッドソックス勝ち抜け!

アストロズ(西地区1位)vs ホワイトソックス(中地区1位)
⇒3勝1敗でアストロズ勝ち抜け!

リーグチャンピオンシップシリーズ

アストロズ vs レッドソックス
⇒4勝3敗でアストロズが勝利!

=ア・リーグチャンピオン:アストロズ

ナショナル・リーグ

ワイルドカード

ドジャース(西地区1位)vs カージナルス(中地区2位)

3-1でドジャースが勝利!

地区シリーズに駒を進める

ディビジョンシリーズ(地区シリーズ)

ジャイアンツ(西地区1位)vs ドジャース(西地区2位)
⇒3勝2敗でドジャース勝ち抜け!

ブルワーズ(中地区1位)vs ブレーブス(東地区1位)
⇒3勝1敗でブレーブス勝ち抜け!

リーグチャンピオンシップシリーズ

ブレーブス vs ドジャース
⇒4勝3敗でブレーブスが勝利!

=ナ・リーグチャンピオン:ブレーブス

ワールドシリーズ

アストロズ(ア西地区1位)2-4 ブレーブス(ナ東地区1位)
⇒4勝2敗でブレーブスが勝利!

ブレーブス、悲願のワールドチャンピオン!

プレーオフと言えば「ワールドシリーズMVP」にも注目!

MLBでは各リーグのレギュラーシーズンを評価対象としたリーグMPVがまずあります。

個人的にはこれが一番価値があると思います…。

年間最優秀選手とも言われますからね。

それに対して、プレーオフでの戦いに限定したMVPもあるので、これもまた楽しみの1つかも。

  • ア・リーグMVP
  • ナ・リーグMVP
  • プレーオフMVP

※細かい話を言えば週間MVPや月間MVPもありますがそれらは割愛

リーグMPVとプレーオフMVPは基本的には全く別物。

ですが、プレーオフに進出したチームの選手が、リーグMVPの選考にプラスに影響するという説もあったりなかったり…。

ただ2021年はプレーオフに行けなかったエンゼルス大谷選手がア・リーグMVPになっています。

圧倒的な存在感があればプレーオフ進出したかどうかは関係ないことを証明しました。

でもリーグMVPに僅差の2選手がいたといたら、プレーオフ進出が決定打になる可能性は捨てきれないと思います。

それくらいにプレーオフ(ポストシーズン)の存在価値は大きいんですよね。

リーグMVPの投票はプレーオフが終わる前に行われます。故に、プレーオフで活躍したかどうかはリーグMVPへの決定打にはなりません。

参考:メジャーリーグのMVP発表日はいつ?賞金は?

ここ数年でのプレーオフMVPを以下にまとめておきました。

日本人で唯一MVPを獲得している松井秀喜選手の2009年以降のデータです!

年度 選手名 ポジション チーム
2009 松井秀喜 指名打者 ヤンキース
2010 エドガー・レンテリア ショート ジャイアンツ
2011 デビッド・フリース サード カージナルス
2012 パブロ・サンドバル サード ジャイアンツ
2013 デビッド・オルティーズ 指名打者 レッドソックス
2014 マディソン・バンガーナー ピッチャー ジャイアンツ
2015 サルバドール・ペレス キャッチャー ロイヤルズ
2016 ベン・ゾブリスト セカンド シカゴ・カブス
2017 ジョージ・スプリンガー 外野手 アストロズ
2018 スティーブ・ピアース ファースト レッドソックス
2019 スティーブン・ストラスバーグ ピッチャー ナショナルズ
2020 コーリー・シーガー ショート ドジャース
2021 ホルヘ・ソレア 外野手 ブレーブス
もっと詳しく知りたい方は、Wikipedia-ワールドシリーズ最優秀選手賞のページを参考にすると良いですよー。

-メジャーリーグ

Copyright© スカパー、WOWOWのお得な加入方法を伝授 by超テレビっ子! , 2022 All Rights Reserved.