※当サイトで紹介するサービス、商品には広告も含んでおります。

メジャーリーグ 大谷翔平

日本人メジャーリーガー 現在の成績や出場&中継・配信予定まとめ

6/22(木)の試合を終えての打撃成績、投手成績一覧

  • 大谷翔平さんがドジャース相手に7回1失点12奪三振!でも負け
  • 吉田正尚選手は3打数1安打1四球
  • カブス鈴木誠也選手は2安打1打点
  • 怪我明けヌートバーも嬉しいマルチヒット
スタッツ 大谷翔平
エンゼルス
ア・リーグ西地区
吉田正尚
レッドソックス
ア・リーグ東地区
鈴木誠也
カブス
ナ・リーグ中地区
ヌートバー
カージナルス
ナ・リーグ中地区
HR数 24本
リーグトップ👑
8本 6本 4本
安打数 83本 78本 58本 43本
打点 58打点 39打点 25打点 21打点
打率 .292 .308 .296 .262
出塁率 .377 .380 .353 .374
OPS .993 .866 .774 .758
スタッツ 大谷翔平
エンゼルス
ア・リーグ西地区
菊池雄星
ブルージェイズ
ア・リーグ東地区
千賀滉大
メッツ
ナ・リーグ東地区
ダルビッシュ有
パドレス
ナ・リーグ西地区
前田健太
ツインズ
ア・リーグ中地区
藤浪晋太郎
アスレチックス
ア・リーグ西地区
投球回数 89.0回 77.0回 71.1回 80.0回 16.0回 37.2回
勝敗数 6勝3敗 6勝2敗 6勝4敗 5勝6敗 0勝4敗 3勝6敗
QS率 60.0% 26.7% 38.5% 35.7% 0.0% 16.7%
奪三振数 117個
リーグ2位
77個 87個 85個 14個 39個
被打率 .179
リーグ1位
.255 .204 .246 .329 .273
防御率 3.29
リーグ9位
3.97 3.53 4.84 9.00 10.27
WHIP 1.04
リーグ6位
1.29 1.33 1.23 1.63 1.88



2023年現在、メジャーリーグの日本人プレーヤーは以下の9名です!

選手名 所属チーム 契約状況
大谷翔平 ロサンゼルス・エンゼルス 2021年2年契約
吉田正尚 ボストン・レッドソックス 2023年5年契約
鈴木誠也 シカゴ・カブス 2022年5年契約
ラーズ・ヌートバー セントルイス・カージナルス 2021年6月メジャー契約
千賀滉大 ニューヨーク・メッツ 2023年5年契約
菊池雄星 トロント・ブルージェイズ 2022年3年契約
ダルビッシュ有 サンディエゴ・パドレス 2023年6年契約
前田健太 ミネソタ・ツインズ 2020年4年契約
藤浪晋太郎 オークランド・アスレチックス 2023年1年契約

※筒香選手などマイナー契約のプレーヤーはひとまず考えないものとします。あくまでメジャー契約選手のみ。

みなさん日本で活躍した有名選手ではありますが、メジャーリーグでの出場予定や試合の中継・配信予定まで把握するのは難しいですよね。

そこで、当ページではわかりやすく予定を一覧表にまとめております。

今後のMLB観戦、日本人プレーヤーの応援に活用ください!

今日明日も試合あり!日本人MLBプレーヤーの出場&中継予定表

日本人MLBプレーヤーの試合配信/中継ですが、2023シーズンで最も広くカバーしているのはSPOTV NOW(MLB配信ページへ)になります。

基本的には毎日漏れなく、各試合をライブ配信&見逃し配信で見られると思って間違いないですね。

➔実際のSPOTV NOW @メジャーリーグ体験談(月1,200円、31日間無料)

またエンゼルス戦に限っては需要がものすごいため、アベマでの配信(月960円)とNHKテレビ中継がほぼ連日行われています。

アベマは大谷さんメイン派の方にはおすすめです。ですが中継されない日もあるため、確実性を求めるならSPOTV NOWが一番!というのが現在の私の答えですね!

DH、及び野手(大谷、吉田、鈴木、ヌートバー)

※野手の場合は、怪我や休養等によってスタメンを急遽外れる場合もあります。

日にち 大谷翔平
エンゼルス
※DH、投手
吉田正尚
レッドソックス
鈴木誠也
カブス
ヌートバー
カージナルス
5/23(火) vs レッドソックス
配信:SPOTV NOW、アベマ
テレビ中継:NHK
vs エンゼルス
配信:SPOTV NOW、アベマ
テレビ中継:NHK
試合なし vs レッズ
配信:SPOTV NOW
5/24(水) vs レッドソックス
配信:SPOTV NOW、アベマ
テレビ中継:NHK
vs エンゼルス
配信:SPOTV NOW、アベマ
テレビ中継:NHK
vs メッツ
配信:SPOTV NOW
vs レッズ
配信:SPOTV NOW
5/25(木) vs レッドソックス
配信:SPOTV NOW、アベマ
テレビ中継:NHK
vs エンゼルス
配信:SPOTV NOW、アベマ
テレビ中継:NHK
vs メッツ
配信:SPOTV NOW
vs レッズ
配信:SPOTV NOW
5/26(金) 試合なし 試合なし vs メッツ
配信:SPOTV NOW
vs レッズ
配信:SPOTV NOW
5/27(土) vs マーリンズ
配信:SPOTV NOW、アベマ
テレビ中継:NHK
vs Dバックス
配信:SPOTV NOW
vs レイズ
配信:SPOTV NOW
vs ガーディアンズ
配信:SPOTV NOW
5/28(日) vs マーリンズ
配信:SPOTV NOW、アベマ
テレビ中継:NHK
vs Dバックス
配信:SPOTV NOW
vs レイズ
配信:SPOTV NOW
vs ガーディアンズ
配信:SPOTV NOW
5/29(月) vs マーリンズ
配信:SPOTV NOW
テレビ中継:NHK
vs Dバックス
配信:SPOTV NOW
vs レイズ
配信:SPOTV NOW
vs ガーディアンズ
配信:SPOTV NOW
5/30(火) vs ホワイトソックス
配信:SPOTV NOW
テレビ中継:NHK
試合なし vs レイズ
配信:SPOTV NOW
vs ロイヤルズ
配信:SPOTV NOW
5/31(水) vs ホワイトソックス
配信:SPOTV NOW、アベマ
テレビ中継:NHK
vs レッズ
配信:SPOTV NOW
vs レイズ
配信:SPOTV NOW
vs ロイヤルズ
配信:SPOTV NOW

ピッチャー(千賀、菊池、ダル、前田、藤浪)

  • 大谷翔平:6/3(土)9:10 vs アストロズ
    -配信:abema、SPOTV NOW
    -テレビ中継:NHK
  • ダルビッシュ:6/4(日)11:10 vs カブス
    -配信:SPOTV NOW
  • 千賀滉大:6/5(月) 2:40 vsブルージェイズ
  • 菊池雄星:6/5(月) 2:40 vsメッツ
    -配信:abema、SPOTV NOW

※千賀&菊池投手は直接対決です

日本人メジャーリーガーの出場試合をネット配信やテレビ中継で見る方法

SPOTV NOW ※月1,200円 毎日7.8試合中継!

https://www.spotvnow.jp/

できるだけ多くの日本人メジャーリーガーの出場試合を安価で見られるのが「SPOTV NOW」です。

※UNEXTの「SPOTV NOWパック」

月額1,200円で、毎日最大7.8試合の生中継。

うち2-3試合分が日本語での実況となっています。

しかも全ての配信が、日本人選手が出場、もしくは所属するチームのものとなっています。

2022年シーズンくらいまでなら大谷選手のエンゼルス戦だけで満足!という方も多かったでしょう。

ですが2023年からは大谷、鈴木選手に加え、吉田選手(レッドソックス)、千賀投手(メッツ)、ヌートバー(カージナルス)など気になる選手が一気に増えました。

同日に見るべき試合数も増えた今、日本人MLBプレーヤーを応援するならSPOTV NOWが一番コスパが良くなっています。

U-NEXTでの契約により、通常よりも100円安く、且つ最初の31日間が実質無料で視聴できる点も見逃せません!

体験談:SPOTV NOWでメジャーリーグを見た感想。大谷、吉田、千賀、全部見れる!

ABEMAプレミアム ※月960円 エンゼルス戦の配信がメイン

https://abema.tv/video/genre/mlb

もともと2021年からエンゼルス戦の配信をやってくれて人気が出たサービスです。

2022年は1日2試合の生中継で、カブス戦もよく配信していました。

2023年の今も、毎日エンゼルス戦で大谷選手が見れ、且つもう1枠で日本人選手のチームの試合配信という形になっています。

こちらは2試合とも日本語での実況・解説が楽しめますよ。

実況・解説にエンタメ色もあるので飽きずに長く楽しめるのがポイントの1つかなーと感じます。

視聴料は月額960円です。

※無料でもけっこうな数の試合が見れちゃいますよー。

体験談:アベマでMLB中継が神!無料と有料の違い、エンゼルス戦配信頻度など徹底解説

NHK(テレビ放送)※月2,200円 ほぼ毎回エンゼルス戦

https://www3.nhk.or.jp/sports/program/mlb/

日本人のほとんどが受信料を払っているであろうNHK。

地上波で手軽に見れるわけですが、MLB中継はエンゼルス戦をメインにそれなりにやっています。

大谷選手が毎年出るオールスターの中継をやってくれる年もありますよ。

基本的には大谷選手の試合だけテレビで見れれば良い、という方におすすめですね。

日本人MLBブレーヤーの現在。2023シーズンの成績等

以下は日本時間5/17(水)のMLB試合終了時点でのデータです。

日本人バッターの成績

スタッツ 大谷翔平
エンゼルス
ア・リーグ西地区
吉田正尚
レッドソックス
ア・リーグ東地区
鈴木誠也
カブス
ナ・リーグ中地区
ヌートバー
カージナルス
ナ・リーグ中地区
HR数 9本 6本 3本 3本
安打数 47本 41本 29本 31本
打点 29打点 27打点 14打点 13打点
打率 .298 .301 .266 .298
出塁率 .369 .381 .347 .434
OPS .910 .888 .769 .967

日本人ピッチャーの成績

スタッツ 大谷翔平
エンゼルス
ア・リーグ西地区
菊池雄星
ブルージェイズ
ア・リーグ東地区
千賀滉大
メッツ
ナ・リーグ東地区
ダルビッシュ有
パドレス
ナ・リーグ西地区
前田健太
ツインズ
ア・リーグ中地区
藤浪晋太郎
アスレチックス
ア・リーグ西地区
投球回数 53.0回 41.2回 37.0回 42.2回 16.0回 23.2回
勝敗数 5勝1敗 5勝0敗 4勝2敗 2勝2敗 0勝4敗 1勝4敗
QS率 55.5% 37.5% 28.6% 42.9% 0.0% 25.0%
奪三振数 71個
リーグ1位
40個 43個 47個 14個 21個
防御率 3.23 3.89 4.41 3.16 9.00 12.17
WHIP 0.91
リーグ4位
1.30 1.51 1.08 1.63 2.03

大谷翔平 ※5勝1敗、防御率3.23、WHIP0.91

  • 1994年7月5日(28歳)
  • 193cm/95kg
  • 日本ハム(5年)➔エンゼルス(現在5年目)
  • メジャーでの投手成績
    -2021年:9勝2敗、防御率3.18、WHIP1.09
    -2022年:15勝9敗、防御率2.33、WHIP1.01
  • 打者としての成績
    -2018年:ホームラン22本、打率.285、OPS.925 ※新人王
    -2019年:ホームラン18本、打率.286、OPS.848
    -2020年:ホームラン7本、打率.190、OPS.657
    -2021年:ホームラン46本、打率.257、OPS.965 ※リーグMVP
    -2022年:ホームラン34本、打率.273、OPS.875

大谷翔平-現在、これまでの成績詳細

2021年シーズンのア・リーグMVPであり、現在のメジャーで最も価値がある選手の一人。

もはや多くの説明は要らないレベルの選手ですよね(^_^;)

2023年シーズン終わりにはFA権を獲得するので、どのチームに移籍するのか?が大きな注目ポイント。

成績面で注目しておきたい部分としてはまずはホームラン数。

21年46本、22年34本と減りましたが、23年は40本以上を期待したいところ。

ピッチャーとしては22年の15勝はもとより、防御率や奪三振数の数で圧倒し、サイ・ヤング賞の受賞もぜひ見てみたいですよね!

尚、MVP選出にはWARでのアピールも欲しいところで、今年もどれくらいになるのかは気になります。

参考:大谷翔平のWARはいくつ?2023年現在のfWAR、rWARがコレ

吉田正尚(レッドソックス)

  • 1993年7月15日(29歳)
  • 173cm/80kg
  • オリックス(7年)➔レッドソックス(現在1年目)
  • NPBでの直近3年の成績
    -2020年:ホームラン14本、打率.350、OPS966
    -2021年:ホームラン21本、打率.339、OPS.992
    -2022年:ホームラン21本、打率.335、OPS1.008

吉田正尚-現在、これまでの成績詳細

日本人最高年俸でオリックスから移籍した23年。

三振をしない技術、そして選球眼がどこまで通用するか、ですよね。

打率的にも3割達成なら新人王も夢ではありません。

四球、ヒット量産しつつ、たまにホームラン。

そのスタンスで相手チームをかき回す姿が見たいです。

年間通してレフトでのスタメンは絶対に外れてはいけないですね!

千賀滉大 ※4勝2敗、防御率4.41 、WHIP1.51

  • 1993年1月30日(30歳)
  • 185cm/92kg
  • ソフトバンク(11年)➔メッツ(現在1年目)
  • NPBでの直近3年の成績
    -2020年:11勝6敗、防御率2.16、WHIP1.21
    -2021年:10勝3敗、防御率2.66、WHIP1.03
    -2022年:11勝6敗、防御率1.94、WHIP1.06

千賀滉大-現在、これまでの成績詳細

ソフトバンクの育成からメジャーリーグに成り上がった千賀投手。

強豪メッツなので、プレーオフ進出の可能性は非常に高いのが嬉しいところ。

開幕から順調に勝っており、お化けフォークもMLBで今現在問題なく通用しています。

2023年シーズンは先発ローテーションを守り、規定投球回数をクリアしつつ、どこまで成績を残せるかがポイントですよね。

チームメイトのシャーザーやバーランダー超えも夢ではありません。

贅沢な望みですが、防御率2点台前半だったら最高ですね!

菊池雄星 ※5勝1敗、防御率4.08、WHIP1.32

  • 1991年6月17日(31歳)
  • 183cm/91kg
  • 西武(8年)➔マリナーズ(3年)➔ブルージェイズ(現在2年目)
  • メジャー移籍後の投手成績
    -2019年:6勝11敗、防御率5.46、WHIP1.52
    -2020年:2勝4敗、防御率5.17、WHIP1.30
    -2021年:7勝9敗、防御率4.41、WHIP1.32
    -2022年:6勝7敗、防御率5.19、WHIP1.50

菊池雄星-現在、これまでの成績詳細

西武➔マリナーズ(3年)➔ブルージェイズと来ている菊池雄星投手。

2023年はオープン戦から圧倒的な成績を残し、今季は覚醒に期待させています。

メジャー移籍後は、毎年の防御率が5点くらいとなっており、いまいちぱっとせず。

とは言え、球宴(オールスター)選出の実績もあり。

花巻東高校出身で、大谷選手の先輩としても有名です。

前田健太 ※0勝4敗、防御率9.00、WHIP1.63

  • 1988年4月11日(35歳)
  • 185cm/84kg
  • 広島(8年)➔ドジャース(4年)➔ツインズ(現在3年目)
  • メジャー移籍後の投手成績
    -2016年:16勝11敗、防御率3.48、WHIP1.14
    -2017年:13勝6敗、防御率4.22、WHIP1.15
    -2018年:8勝10敗、防御率3.81、WHIP1.26
    -2019年:10勝8敗、防御率4.04、WHIP1.07
    -2020年:6勝1敗、防御率2.70、WHIP 0.75
    -2021年:6勝5敗、防御率4.66、WHIP1.30
    -2022年:トミージョン手術後につき登板なし

前田健太-現在の成績詳細

今のところ、メジャーでのキャリアハイは2020年の防御率2.70、WHIP0.75!

2021年にトミージョン手術を受けて今季完全復帰。

開幕戦でマーリングを5回1失点に抑え、今季どこまでの成績が残せるか注目。

ダルビッシュ有 ※2勝2敗、防御率3.16、WHIP1.08

  • 1986年8月16日(36歳)
  • 196cm/100kg
  • 日本ハム(7年)➔レンジャーズ5年)➔ドジャース(1年)➔カブス(3年)➔パドレス(3年目)
  • メジャー直近5年の投手成績
    -2018年:1勝3敗、防御率4.95、WHIP1.43
    -2019年:6勝8敗、防御率3.98、WHIP1.10
    -2020年:8勝3敗、防御率2.01、WHIP0.96
    -2021年:6勝11敗、防御率4.22、WHIP1.09
    -2022年:16勝8敗、防御率3.10、WHIP0.95

ダルビッシュ-現在、これまでの成績詳細

日本ハムでは防御率1点台を5年連続でマークし、メジャー入り。

現在はメジャー4チーム目のパドレスで、長期契約も結んでキャリア晩年に入ってきました。

キャリアハイはカブスでの防御率2.01ですが、以降は3点代、4点代となっています。

あと少しでサイヤング賞!という実績もありますし、もう一花咲かせて欲しいですね。

藤浪 晋太郎 ※1勝4敗、防御率12.17、WHIP2.03

  • 1994年4月12日(29歳)
  • 198cm/82kg
  • 阪神(10年)➔アスレチックス(現在1年目)
  • NPBでの直近3年の成績
    -2020年:1勝6敗、防御率4.01、WHIP1.45
    -2021年:3勝3敗、防御率5.21、WHIP1.80
    -2022年:3勝5敗、防御率3.38、WHIP1.19

藤浪 晋太郎-現在、これまでの成績詳細

-メジャーリーグ, 大谷翔平

Copyright© スカパーやWOWOW、ネット配信の予定&視聴方法をナビゲート♪ , 2024 All Rights Reserved.