※当サイトで紹介するサービス、商品には広告も含んでおります。

メジャーリーグ

《2024年》ヤンキース 選手年俸ランキング&年俸総額|贅沢税いくらになる?



メジャーリーグを代表するお金持ち球団の1つ、ニューヨーク・ヤンキース。

スター選手もよく移籍するヤンキースでの現在の年俸総額や選手の年俸ランキングをまとめました。

贅沢税の発生やその額についても紹介していきます。

ポイント

  • ヤンキースの23年、年俸総額はメジャー全体で2位!
  • 2億9633万ドルで贅沢税が3240万ドルも発生しましたー
  • チーム内の年俸ランキングはトップからジャッジ、コール、ファン・ソト!
  • 尚、23年シーズンの結果はア・リーグ東地区4位で終了
  • 2024年も23年と同等か、それ以上のチーム総年俸額が予測されています。
    -贅沢税としては5000万ドルオーバー確実
毎年優勝争いしていたヤンキースですが23年は残念でしたね…24年はチーム総年俸を上げても巻き返しを図ってくると思います!



ニューヨーク・ヤンキースの年俸ランキング

以下、契約期間中の平均年俸で順位付けしております。

現在の年俸ランキングTOP5

  1. アーロン・ジャッジ:4000万ドル(約57億2000万円)
  2. ゲリット・コール:3600万ドル(約51億4800万円)
  3. ファン・ソト:3100万ドル(約44億3300万円)
  4. カルロス・ロドン:2700万ドル(約38億6100万円)
  5. ジャンカルロ・スタントン:2500万ドル(約35億7500万円)

※2024/2/2時点
※日本円は1ドル143円で計算

6位以下含め、確定済みの全選手の年俸ランキングは以下に目を通してください!

2024年最新:ヤンキースの年俸ランキング表



※2024/1/17時点で来季年俸が確定している選手のランキングです。FA等で未確定の選手はランク外で記載しております。

順位 選手名 平均年俸
※契約金額÷契約年数
日本円換算
※1ドル143円
1位 アーロン・ジャッジ
2023年~9年3億6000万ドル
4000万ドル 57.20億円
2位 ゲリット・コール
2020年~9年3億2400万ドル
3600万ドル 51.48億円
3位 🆕ファン・ソト
2024年~1年3100万ドル
3100万ドル
年俸調停権を持つ選手の
契約としては史上最高額
44.33億円
4位 カルロス・ロドン
2023年~6年1億6200万ドル
2700万ドル 38.61億円
5位 ジャンカルロ・スタントン
2015年~13年3億2500万ドル
2500万ドル
AAV:2200万ドル
35.75億円
6位 アンソニー・リゾ
2023年~2年4000万ドル
2000万ドル 28.60億円
7位 🆕マーカス・ストローマン
2024年~2年3700万ドル
1850万ドル 26.46億円
8位 DJ・ルメイユ
2021年~5年9000万ドル
1500万ドル 21.45億円
9位 グレイバー・トーレス 1420万ドル 20.31億円
10位 🆕アレックス・ベルドゥゴ 870万ドル 12.44億円
11位 クレイ・ホームズ 600万ドル 8.58億円
12位 トミー・ケインリー 575万ドル 8.22億円
13位 トレント・グリシャム 550万ドル 7.87億円
14位 ネストル・コルテス 395万ドル 5.65億円
15位 ホセ・トレビノ 273万ドル 3.90億円
16位 ジョナサン・ロアイシガ 250万ドル 3.58億円
17位 ケイレブ・ファーガソン 240万ドル 3.43億円
18位 クラーク・シュミット 203万ドル 2.90億円
19位 ルーク・ウィーバー 200万ドル 2.86億円
20位 フランシスコ・ビロリオ 170万ドル 2.43億円
21位 ルー・トリビーノ 125万ドル 1.79億円
22位 ビクター・ゴンザレス 86万ドル 1.23億円
23位 コディ・ポティート 75万ドル 1.07億円
24位 ジャスティン・カペラ 45万ドル 0.64億円
25位 フアン・カレラ 34万ドル 0.49億円
金額が未確定の選手
スコット・エフロス 未定
イアン・ハミルトン 未定
アンソニー・ヴォルペ 未定

2023年オフにFAとなった選手たち:7人

選手名 2023年の年俸
(平均年俸)
FA後
ルイス・セベリーノ(投手) 1000万ドル メッツへ
1年1300万ドル
フランキー・モンタス(投手) 750万ドル レッズへ
1年1600万ドル
アイザイア・カイナーファレファ
(どこでもOK)
600万ドル ブルージェイズへ
2年1500万ドル
ワンディ・ペラルタ(投手) 335万ドル パドレスへ
4年1650万ドル
ケイナン・ミドルトン(投手) 80万ドル カージナルスへ
1年600万ドル
アルバート・アブレイユ(投手)
※ノンテンダーFA
74万ドル 西武ライオンズへ
1年1億5000万円
ルーク・ウィーバー(投手) 72万ドル ヤンキース残留
1年200万ドル

税額税に重要なAAV

ヤンキースの場合はさほど関係ありませんが、平均年俸とAAVに乖離が生まれる場合があります。

AAVというのは贅沢税を計算する上での現在価値に直した年俸のこと。

大谷翔平選手のように契約金額の多くを後払いにすると現在価値は減少し、贅沢税の緩和に繋がります。

単純に「契約金額÷契約年数」で求めた金額で贅沢税を計算するわけではないので、知識としてちょっと知っておくとMLBを深く楽しめると思います!

参考:メジャーリーグ 贅沢税の仕組み!大谷翔平のドジャースは後払い恩恵あり?

例えば大型契約のジャッジ選手は均等に毎年4000万ドルを受け取るので、AAVも同じということになりますね!

ヤンキースの年俸トップ!アーロン・ジャッジ!

  • 国籍:アメリカ合衆国
  • 誕生日/年齢:1992年4月26日(24年に32歳)
  • ポジション:外野(ライトがメイン)
  • 平均年俸:4000万ドル
    ※2023年~9年3億6000万ドル

ヤンキースと言えばやっぱり、、、2022年ホームラン記録を更新して契約延長したジャッジ選手ですよね!

大学生の時の2013年MLBドラフト1巡目追補(全体32位)でヤンキースと契約。

2016年メジャーデビューし、初打席でホームランというスター性が凄いです。

2017年にはホームラン王で満票での新人王受賞(52HR、OPS1.049)、2022年にはア・リーグMVPとなり9年3億6000万ドルという超大型契約。

これで一気にヤンキースの年俸トップになりました。

怪我さえなければ毎年ア・リーグのHR王になるのでは?というレベルの選手ですよね!

ちなみに2022年のMVPのライバルと言えば大谷翔平選手。翌年に二度目のリーグMVPに輝き、ドジャースと超大型契約、、、やっぱりスターは違いますね!

参考:大谷翔平の年俸推移!時給116万円でトラウト、メッシ超え

ゲリット・コール:投手の史上最高年俸!

  • 国籍:アメリカ合衆国
  • 誕生日/年齢:1990年9月8日(24年に34歳)
  • ポジション:先発ピッチャー
  • 平均年俸:3600万ドル
    ※2020年~9年3億2400万ドル

高校時にヤンキースからドラフト1位指名を蹴って、2011年大学時にパイレーツからの1位指名で契約しています。

その後メジャーデビューして即10勝、3年目には何と19勝で防御率2.60という成績…すごすぎます笑

2018年にトレードでアストロズに移籍し、ここで防御率のキャリアハイ2.50をマーク。

そして2019年12月にヤンキースと年総額3億2400万ドルで契約合意(MLB投手史上最高額)!

この時点で平均年俸3600万ドルはMLB史上最高額にもなっていました。

ヤンキース内でも年俸ランキング1位。

※2023年オフに山本由伸投手がドジャースと12年総額3億2500ドルで契約し、投手の歴代1位は抜かれました(^_^;) ➔山本由伸の年俸推移など

最多勝利、最優秀防御率、最多奪三振などのタイトルを持っていますし、2023年には初のサイ・ヤング勝。

ヤンキースを代表するスーパー投手、ですよね。

年俸上位のカルロス・ロドン。1年目から大誤算…不良債権?

  • 国籍:アメリカ合衆国
  • 誕生日/年齢:1992年12月10日(24年に32歳)
  • ポジション:先発ピッチャー
  • 平均年俸:2700万ドル
    ※2023年~6年1億6200万ドル

2014年、ホワイトソックスからドラフト1巡目指名。

2015年にメジャーデビューするとすぐに9勝を上げる逸材でした。防御率は3.75。

その後トミー・ジョン手術を受けてノーヒットノーランも達成。

防御率2.37、WHIP0.96をキャリアハイの数字を残します。

そしてジャイアンツと2年契約を経て、ヤンキースと2023年から6年総額1億6200万ドルの契約!

年俸2700万ドルです!

しかも背番号は松井秀喜と同じ55に。

コールに次ぐ高額年俸となりましたが、何とここで大コケ…

3勝8敗、ERA6.85という年俸に見合わない成績になっております…。

※ジャイアンツ最終年の成績は【31試合先発、14勝&237奪三振、防御率2.88】

2023、22、21年のヤンキース選手の年俸ランキング

年俸1,000万ドルを超える選手のランキングです。

また年俸に関しては、契約期間中の平均年俸となっております。

順位 2023年 2022年 2021年
1位 アーロン・ジャッジ
4000万ドル
ゲリット・コール
3600万ドル
ゲリット・コール
3600万ドル
2位 ゲリット・コール
3600万ドル
ジャンカルロ・スタントン
2500万ドル
ジャンカルロ・スタントン
2500万ドル
3位 カルロス・ロドン
2700万ドル
ジョシュ・ドナルドソン
2300万ドル
➔ブルワーズへ
アロルディス・チャップマン
1600万ドル
4位 ジャンカルロ・スタントン
2500万ドル
アーロン・ジャッジ
1900万ドル
DJ・ルメイユ
1500万ドル
5位 アンソニー・リゾ
2000万ドル
アロルディス・チャップマン
1600万ドル
➔ロイヤルズへ
ザック・ブリットン
1300万ドル
6位 DJ・ルメイユ
1500万ドル
アンソニー・リゾ
1600万ドル
コーリー・クルーバー
1100万円
➔レイズへ
7位 ルイス・セベリーノ
1000万ドル
DJ・ルメイユ
1500万ドル
アーロン・ジャッジ
1018万ドル
8位 ザック・ブリットン
1400万ドル
➔引退
ルイス・セベリーノ
1000万ドル
アーロン・ヒックス
1000万ドル
9位 ルイス・セベリーノ
1000万ドル
アーロン・ヒックス
1000万ドル
➔オリオールズへ

NYY過去5年間のチーム年俸総額と贅沢税まとめ

西暦 贅沢税対象となる
チーム年俸総額
贅沢税 MLB全球団における
チーム年俸総額ランキング
シーズン結果
※ア・リーグ東地区
2023年 2億9633万ドル 3240万ドル 2位 4位
2022年 2億6775万ドル 970万ドル 3位 優勝
2021年 2億812万ドル 4位 2位
プレーオフ進出
2020年 2億3982万ドル 1097万ドル
コロナの影響で課税なし
1位 2位
プレーオフ進出
2019年 2億3457万ドル 637万ドル 3位 優勝

ご覧のようにヤンキースではほぼ毎年のように贅沢税が発生してします。

それだけお金がある、ということ。

またメジャー全体で見てもチーム総年俸は常に5位以内にはランクインしている感じです。

地区優勝も定期的にしていますし、しっかりお金をかけて結果も出すという球団イメージが強いですね!

過去の順位を見ても優勝か2位が多く、プレーオフ常連の球団です。

※地区優勝しなくても勝率が高ければ2位や3位でもプレーオフ進出は可能ですよ。詳しくは「プレーオフの仕組み」ページを参照ください。

2023年の同地区順位

  1. オリオールズ:101勝
  2. レイズ:99勝
  3. ブルージェイズ:89勝
  4. ヤンキース:82勝
  5. レッドソックス:78勝

2024年の贅沢税は?予測では5020万ドル

結論から言えばヤンキースの2024年シーズンの贅沢税は発生すると思います。

ファンソトやストローマンなどの年俸を入れたチーム総年俸が3億500万ドルほど。

2024年の贅沢税閾値が2億3700万ドルですから既に大きく(6800万ドル)超えています。

これを贅沢税の計算方法に当てはめると、第1、2、3、4の閾値までオーバーしているので5020万ドルの課税となります。

ヤンキースにとって過去一番の贅沢税になるかも知れません。

参考:メジャーリーグ 贅沢税の仕組み、計算方法について

-メジャーリーグ

Copyright© スカパーやWOWOW、ネット配信の予定&視聴方法をナビゲート♪ , 2024 All Rights Reserved.