大谷翔平

大谷翔平のノーヒットノーラン、完全試合が見たい!好投を振り返り!

エンゼルスの二刀流・大谷翔平。

おそらくですが彼、、、メジャーリーグでノーヒットノーラン、もしくは完全試合の達成すると思います。

だってそういう星の元に生まれちゃってるから。

過去にも良いところまでパーフェクトピッチングしていたりもしますしね。

最高レベルのスプリットに加え、ぐわっと曲がるスライダーも大きな武器に加わりました!そして100マイルのファストボール…これならノーノーも夢じゃありません。

大谷翔平のノーヒットノーランを振り返る!過去最高

結論から言えば大谷さんはまだ日本でもMLBでもノーヒットノーランは達成したことがありません。

当然、完全試合もまだ。

ですが過去最高の投球として途中までは…というのはあります。

偉業達成までにそれを振り返っておきましょう。

2022/4/21 アストロズ相手に6回まで完全試合

開幕から自身の登板2連敗中だった大谷さん。

3回目の先発で神ピッチングを見せ、何と強打者揃いのアストロズ相手に6回1アウトまでノーノーピッチングでした!

(というか完全試合)

残念ながら8番ジェーソン・カストロ(捕手)に初ヒットを打たれましたが圧巻の投球。

自己最多タイ12奪三振となり、6者連続奪三振も記録しております♪

※打者としても2安打2打点の活躍でしたー。

グッドラムのノーノー阻止セーフティバントにブーイング!

大谷さんの完全試合に焦ったのが、アストロズ・グッドラムが6回先頭にセーフティバントを試みます。

結果ファールにはなったんですが、これにはアストロズの本拠地なのにブーイング発生…。

やっぱり敵地でも2021年ア・リーグMVP男の偉業は見たい人いっぱいいたんですね。

正直、いくらなんでもそれやっちゃう?っていう感じのシーンでしたね…ニコ・グッドラムさんの成績を見ると…んーという感じ(^_^;)

⇒ニコ・グッドラムのレギュラーシーズン成績等

完全試合終了、交代までの全対戦結果

    ○1回裏

  • ジェレミー・ペーニャ:空振り三振
  • マイケル・ブラントリー:空振り三振
  • アレックス・ブレグマン:レフトフライ
  • ○2回裏

  • ヨルダン・アルバレス:空振り三振
  • カイル・タッカー:レフトフライ
  • ユリエスキ・グリエル:ライトフライ
  • ○3回裏

  • ニコ・グッドラム:空振り三振
  • ジェーソン・カストロ:空振り三振
  • ホセ・シリ:レフトフライ:空振り三振
  • ○4回裏

  • ジェレミー・ペーニャ:空振り三振
  • マイケル・ブラントリー:空振り三振
  • アレックス・ブレグマン:空振り三振
  • ○5回裏

  • ヨルダン・アルバレス:ショートフライ
  • カイル・タッカー:空振り三振
  • ユリエスキ・グリエル:空振り三振
  • ○6回裏

  • ニコ・グッドラム:空振り三振
  • ジェーソン・カストロ:センター前ヒット
    ⇒ここで完全試合、ノーノー共に終了(ToT)
  • ホセ・シリ:レフトフライ:セカンドフライ
  • ジェレミー・ペーニャ:フォアボール
  • マイケル・ブラントリー:セカンドゴロ
  • ※6回まで投げきり投手交代

カストロに打たれていなかったら、マドン監督も大谷続投を決めていたでしょうね。

大谷と同僚!エンゼルスのノーヒットノーランにも注目

投手力が弱いイメージのエンゼルス。

ですが2022年シーズンから明らかに変わりました。

補強もかなりいい感じ。

そんな中、大谷さんの同僚にもノーヒットノーランピッチャーが生まれていますよ!

5/11 デトマーズがノーノーピッチ!

2020年ドラフト1巡目で指名された期待のデトマーズ。

2022年は2年目ですがまだルーキーの資格あり、、、そんな彼がレイズ戦でノーヒットノーラン達成です。

5回まで完全試合(パーフェクト)継続中だったんですが四球でそれが終了。

ですが最後までノーヒットで抑えて、エンゼルス史上最年少のノーヒッターの誕生となりました。

※2022年はここまで防御率6点だったんですが、この試合でいきなり覚醒しましたね\(^o^)/

デトマーズのノーノーに大谷さんも嬉しそう♪(翌日登板予定)

-大谷翔平

Copyright© スカパー、WOWOWのお得な加入方法を伝授 by超テレビっ子! , 2022 All Rights Reserved.