※当サイトで紹介するサービス、商品には広告も含んでおります。

メジャーリーグ

MLB パドレスの年俸ランキング、年俸総額まとめ!贅沢税はいくら?

元楽天・松井裕樹投手のパドレス入りが決まりましたので、彼の年俸もランキングに追加致しました!1/5時点ではチーム内9位(560万ドル)です!

ダルビッシュ選手の所属先で有名なサンディエゴ・パドレス。

スター選手もけっこういて日本からの人気も熱いですが、選手の年俸がどれくらいになっているのかを調査しました。

パドレス内における最新の年俸ランキング、そして年俸総額などを紹介していきます!



サンディエゴ・パドレスの平均年俸ランキング

年俸ベスト5

  • マニー・マチャド:3181万8182ドル(約45億6300万円)
  • ザンダー・ボガーツ:2545万4545ドル(約36億5000万円)
  • フェルナンド・タティスJr.:2428万5714ドル(約34億8000万円)
  • ジョー・マスグローブ:2000万ドル(約28億7000万円)
  • ダルビッシュ有:1800万ドル(約25億8000万円)

※2024年2月2日時点
※1ドル143円で計算

最新!2024年の年俸ランキング表

順位 選手名 平均年俸
※契約金額÷契約年数
日本円換算
※1ドル143円
1位 マニー・マチャド
2023年~11年3億5000万ドル
3,182万ドル 45.50億円
2位 ザンダー・ボガーツ
2023年~11年2億8000万ドル
2,545万ドル 36.39億円
3位 フェルナンド・タティスJr.
2021年~14年3億4000万ドル
2,429万ドル 34.73億円
4位 ジョー・マスグローブ
2023年~5年1億ドル
2,000万ドル 28.60億円
5位 ダルビッシュ有
2021年~6年1億800万ドル
1,800万ドル 25.74億円
6位 ジェイク・クロネンワース
2024年~7年8000万ドル
1,143万ドル 16.34億円
7位 ロバート・スアレス
2023年~5年4600万ドル
920万ドル 13.16億円
8位 キム・ハソン
2021年~4年2800万ドル
700万ドル 10.01億円
9位 松井裕樹
2024年~5年2800万ドル
560万ドル 8.01億円
10位 レオダリス・デ・フリース 420万ドル 6.01億円
11位 ワンディ・ペラルタ
2024年~4年1650万ドル
413万ドル 5.91億円
12位 マイケル・キング 315万ドル 4.50億円
13位 コ・ウソク
2024年~2年450万ドル
225万ドル 3.22億円
14位 カイル・ヒガシオカ 218万ドル 3.12億円
15位 エニール・デ・ロス・サントス 116万ドル 1.66億円
16位 エイドリアン・モレジョン 85万ドル 1.22億円
契約が未確定の選手
スティーブン・ウィルソン 未定
ルイス・キャンパスノ 未定

AAVというのはAverage Annual Valueの略です。

贅沢税を計算する上での年俸のことなんですが、パドレスの場合は関係ないですね(^_^;)

一部、高額年俸を後払いでもらう選手もいたりするので、それを現在価値に計算し直した数値ということになります。

知識として知っておきたい方は勉強しておくと良いですよ。

参考:メジャーリーグ 贅沢税の仕組み!大谷翔平のドジャースは後払い恩恵あり?

スネル、ヘイダー…2023シーズンでFAの選手たち

ブレイク・スネル、ジョシュ・ヘイダーがパドレスに残る可能性は低そうですね…

もし契約を延長できたら、高額年俸となりパドレス内のランキングでも上位に入ってくること間違いなしです。

  • ブレイク・スネル(投手)
  • ジョシュ・ヘイダー(投手)
  • セス・ルーゴ(投手)
  • マイケル・ワカ(投手)
  • ドリュー・ポメランツ(投手)
  • ニック・マルティネス(投手)
  • リッチ・ヒル(投手)
  • ルイス・ガルシア(投手)
  • ジュリクソン・プロファー(外野手)
  • ゲーリー・サンチェス(キャッチャー)
  • ギャレット・クーパー(ファースト)
  • 崔志萬(チェ・ジマン)(ファースト)

パドレスと言えばマニー・マチャド

パドレスの一番の顔と言えばマニー・マチャドですね。

パドレスでタティスと最強の三遊間!

あの強肩で内野安打をアウトにされているバッターは数しれず、、、です。

ゴールドグラブ賞2回、シルバースラッガー賞1回、オールMLB・ファーストチーム2回選出されていますよ。

2018年、ドジャースと1対5のトレードでパドレス入り。その後、11年の大型契約を結びました!

年俸ランク2位!ザンダー・ボガーツ

※パドレスに来る前年のプレーですがどうぞ

ザンダー・ボガーツは最初レッドソックスと契約し、メジャーデビューしたのが2013年。

10年を過ごし、2023年から11年2億8000万ドルの大型契約をパドレスと結んでいます。

※トレード拒否権あり、オプトアウトなし、なので生涯パドレスですね。

マニー・マチャドに次ぐ、チーム内年俸ランク2位!!!

打撃も申し分ないスーパー内野手として、オールMLBチーム1stに1回選出、シルバースラッガー賞は5回も選ばれていますよ。

オールスターも3回出ています。

移籍1年目はHR19本、打率.285、OPS.790、、、ちょっと打撃成績は下がりましたが更なる期待ができる選手です。

ダルビッシュ有さんも年俸ランク上位!

日ハムでは圧倒的な無双でメジャー挑戦したダルビッシュ投手。

レンジャーズ、ドジャース、カブス、そしてパドレスが4球団目です。

2013年と2020年にはサイ・ヤング賞投票2位ですからね!

日本人先発ピッチャーとして初めてオールMLBチームのファーストチームに選ばれたのもダルさんです。

パドレスにはトレードで来ましたが、厚い評価で2023年から6年総額1億800万ドルで契約延長。

各年の年俸額はばらつきがありますが、平均年俸では1800万ドルとなりチーム内上位選手。

※先発投手ではジョー・マスグローブの平均年俸2000万ドルの次

今後熟年味を増していく中でどんなピッチングが見られるか楽しみですね。

松井裕樹投手の平均年俸は560万ドル。出来高あり

松井裕樹投手がパドレスと5年2800万ドルで契約合意に至りましたね!

これで24年シーズンは松井選手の登板がいっぱい見られるはず!

で、松井裕樹投手の年俸なんですが、契約年数5年で割った平均年俸は560万ドルになります。

但し毎年受け取る額はちょっと違ってこんな感じ。

  • 2024年:325万ドル
  • 2025年:550万ドル
  • 2026年:575万ドル
  • 2027年:650万ドル
  • 2028年:700万ドル

これ以外にセーブ数に関しての出来高もあります。

※セーブ条件となる「3点差以内のリードで登板」する必要があるかどうか、まではちょっとわかりません(^_^;)

  • 15試合:15万ドル
  • 25試合:追加で+25万ドル
  • 35試合:追加で25万ドル
  • 45試合:追加で25万ドル
  • 55試合:追加で50万ドル
3年目4年目に肘の故障やトミージョン手術で離脱がなければオプトアウトもついてくる契約内容になっていますよ!

2023、2022、2021年の高額年俸ランキング

※年俸は「契約期間における平均年俸」です。

順位 2023年 2022年 2021年
1位 マニー・マチャド
3181万8000ドル
マニー・マチャド
3000万ドル
マニー・マチャド
3000万ドル
2位 ザンダー・ボガーツ
2545万5000ドル
フェルナンド・タティスJr.
2429万ドル
フェルナンド・タティスJr.
2429万ドル
3位 フェルナンド・タティスJr.
2429万ドル
ダルビッシュ有
2100万ドル
ダルビッシュ有
2100万ドル
4位 ファン・ソト
2300万ドル>➔ヤンキースへ
ファン・ソト
1710万ドル
エリック・ホズマー
1800万ドル
➔レッドソックス、カブスへ
5位 ジョー・マスグローブ
2000万ドル
ウィル・マイヤーズ
1383万3300ドル
ウィル・マイヤーズ
1383万3300ドル
6位 ダルビッシュ有
1800万ドル
ジョシュ・ヘイダー
1100万ドル
ブレイク・スネル
1000万ドル
7位 ジョシュ・ヘイダー
1410万ドル
ジョシュ・ベル
1000万ドル
➔ガーディアンズへ

パドレスの年俸総額と贅沢税を紹介

西暦 贅沢税対象となる
チーム年俸総額
贅沢税 MLB全球団における
チーム年俸総額ランキング
シーズン結果
※ナ・リーグ西地区
2023年 2億9120万ドル 3970万ドル 3位 3位
2022年 2億3508万ドル 152万ドル 6位 2位
2021年 2億1647万ドル 129万ドル 2位 3位
2020年 1億6968万ドル 15位 2位
2019年 1億4298万ドル 17位 5位

直近の5年間を見てみると、2021年から選手年俸が高額になっていることがわかりますよね。

地区優勝は2006年からずっとしていないのですが、最近はワイルドカード枠であれば(かなり頑張れば)狙える位置にいるのかな、と。

2023年も戦力バッチリだったのにいい試合できてないし!

但しナ・リーグ西地区には絶対王者のドジャースがいます。

ドジャースは高額年俸選手も多くとにかく強いため、ここを崩すのはしばらくは厳しいでしょうね。

地区2位でなんとかプレーオフへ…というのが今後も現実的でしょう。

参考:ドジャースの年俸総額、年俸ランキングなど

※2023年の順位は、ドジャース➔Dバックス➔パドレス➔ジャイアンツ➔ロッキーズ

パドレスの2024年の贅沢税はいくら?

結論から言えば、パドレスは2024年の贅沢税の支払いは回避したい模様です。

2023年は第4の閾値を超えるほど年俸総額が膨らんでいますし、税額税も球団過去最高を記録。

ここで一度リセットしておくのは大事だと思います。

※バリースポーツが倒産したり、債務返済比率のMLB規定違反があったりと、基本的には年俸総額を抑える方針になっています。

とは言え現実的にはザンダー・ボガーツやジョー・マスグローブなど高額選手を23年から抱えていますし、回避はまず不可能。

いかにコスパよく成績を残すか、が大事ですね。

2024年の税額税はどうしても3000万ドルを超えるのではないでしょうか。

参考:メジャーリーグ 贅沢税の仕組み

また実年俸よりも贅沢税対象年俸が多めなのも痛い…戦力外だけど年俸負担しているエリック・ホズマーが効いてますよね(T_T)

-メジャーリーグ

Copyright© スカパーやWOWOW、ネット配信の予定&視聴方法をナビゲート♪ , 2024 All Rights Reserved.