鈴木誠也

《速報》鈴木誠也 2022 全ホームランまとめ!打率やOPSなどスタッツも更新

2022年からナ・リーグのカブスでの活躍が見込まれる鈴木誠也選手。

新人王での候補にも上がっておりますし、豪快なホームランに日々期待!

というわけでこちらのページでは鈴木誠也選手のホームラン速報、&過去のHR動画をまとめてご紹介。

新人王獲得に向けてのカウントダウン、もう始まっています!

ポイント

鈴木誠也選手はMLBへのアジャストも早そうで、今後もスタメンでの活躍がかなり期待されますね!

日々のカブス戦から目が話せない状態なんですが、日本での生中継での視聴方法をこちらにまとめました。

誠也ファン、大谷ファンの方はぜひご活用くださいませー♪

⇒カブス鈴木誠也の生中継・配信サービス!無料あり、ネットもテレビも。

鈴木誠也:ホームランを打っての打点やOPSがこちら

鈴木誠也選手は現在ホームラン6本を打っています。

それを反映させた上での打点や打率、OPSなど各種スタッツが以下の通り。

同じカブス内の打者との比較をする形で以下の表にまとめておきました!

※2022/9/7のMLB試合終了時点でのデータ

選手名 打率 打数 塁打 打点 盗塁 OPS
ウィルソン・コントレラス .246 395 186 54 4 .822
イアン・ハップ .277 481 221 64 7 .809
鈴木 誠也 .261 341 145 43 8 .761
クリストファー・モレル .248 319 141 38 9 .755
パトリック・ウィズダム .217 411 180 58 7 .749
ニコ・ホーナー .283 427 172 47 17 .735

OPSはカブス内でも3番目に良い数値です。

またシーズン途中に怪我で離脱しましたが、その中でこれだけの数字を残しているのは素晴らしいですねよ!

来季もこの調子で続いたらかなりいい感じだと思います。

2022年 鈴木誠也の全ホームラン動画まとめ

公式戦でのホームラン

13号ソロ!センター右に豪快なホームラン(9/12)

13号ソロホームラン

  • 2022.9.12 ジャイアンツ戦(リグリー・フィールド)
  • 飛距離:434フィート(132.3m)
  • 打球速度:107.8マイル(1173.5キロ)
  • 角度:24度
  • 打った球種:シンカー(91.5マイル)
  • 相手ピッチャー:スコット・アレクサンダー

12号ソロ!8回の貴重な勝ち越しソロ(9/9)

12号ソロホームラン

  • 2022.9.9 レッズ戦(リグリー・フィールド)
  • 飛距離:376フィート(114.6m)
  • 打球速度:104.4マイル(168.0キロ)
  • 角度:20度
  • 打った球種:スライダー(88マイル)
  • 相手ピッチャー:アレクシス・ディアス

11号2ランは貴重な同点ホームランに!(9/7)

11号2ランホームラン

  • 2022.9.7 レッズ戦(リグリー・フィールド)
  • 飛距離:375フィート(114.3m)
  • 打球速度:99.0マイル(159.3キロ)
  • 角度:26度
  • 打った球種:フォーシーム(92.6マイル)
  • 相手ピッチャー:ジャスティン・ダン

9号ソロを含む3安打の大暴れ!(8/10)

9号ソロホームラン

  • 2022.8.10 ナショナルズ戦(リグリー・フィールド)
  • 飛距離:387フィート(118.0m)
  • 打球速度:103.6マイル(166.7キロ)
  • 角度:30度
  • 打った球種:スライダー(75.3マイル)
  • 相手ピッチャー:パウロ・エスピノ

この日最初の打席、ランナーなしでしたが完璧な当たりで9号ソロホームランが出ました!

これは打った瞬間わかる打球でしたね。

飛距離は普通でしたが角度がちょうど良かったです。

これ以外にもライト、レフトに1本ずつヒットをうち、5打数3安打の猛打賞。

鈴木誠也選手の活躍がマックスな一日となりました!

8回に8号特大ソロホームランで貴重な追加点!(7/27)

8号ソロホームラン

  • 2022.7.27 パイレーツ戦(リグリー・フィールド)
  • 飛距離:436フィート(132.9m)
  • 打球速度:104.9マイル(168.8キロ)
  • 角度:28度
  • 打った球種:87.2マイルのチェンジアップ
  • 相手ピッチャー:ウィル・クロウ

3-2で1点差リードで迎えた8回、貴重な1点を特大ホームランで奪いました!

この時点においては、鈴木選手の今季最長飛距離となる当たりでした。

メジャーリーグで130メートルを超えるホームラン、、、すごいですね(^o^)

代わってすぐに打たれた相手投手もガックリなリアクションです…

7号!捕手からダメ押し2ランホームラン(7/23)

7号2ランホームラン

  • 2022.7.23 フィリーズ戦(シチズンズバンク・パーク)
  • 飛距離:427フィート(130.1m)
  • 打球速度:106.4マイル(171.2キロ)
  • 角度:23度
  • 打った球種:130キロのストレート
  • 相手ピッチャー:ギャレット・スタッブス(本職キャッチャー)

カブス大量リードで相手チームも試合を捨てた感じに…(^_^;)

ピッチャーは捕手のギャレット・スタッブス。

打ち頃の球が来たので素直にスイングして130メートルの大きなホームランとなりました。

メジャー的にはここでは打たない不文律ってのがありますが、最近はあまり関係ないかも。

鈴木選手のキャリアにとっても記録上は大事な1本になりますからね!

2試合連続となる6号2ランホームランで4-2(7/6)

6号ツーランホームラン

  • 2022.7.6 ブリュワーズ戦(アメリカンファミリー・フィールド)
  • 飛距離:355フィート(108.2m)
  • 打球速度:101.0マイル(162.5キロ)
  • 角度:22度
  • 打った球種:91.8マイルのシンカー
  • 相手ピッチャー:ジェーソン・アレクサンダー

なんとなんと…怪我から復帰して2試合連続でのホームランです!

鈴木誠也選手、もう完全にカブスの顔ですよね!

2-2からの決勝点となる勝ち越し2ランホームで言う事なしです。

それにしても明らかにボールゾーンのところをうまくレフトに運びましたね(^_^;)

尚、このあとにはタイムリーヒットも打っており、打率、OPS共にうなぎのぼりです!

今季5号は9回勝ち越しのランニングホームラン(7/5)

5号ソロアーチ

  • 2022.7.5 ブリュワーズ戦(アメリカンファミリー・フィールド)
  • 9回1アウトランナーなしからランニングホームラン
  • 飛距離:395フィート(120.4m)
  • 打球速度:100.6マイル(161.9キロ)
  • 角度:21度
  • 相手ピッチャー:ジョシュ・ヘイダー

指の怪我からやっと復帰したこの試合。

なんと9回表にカブス勝ち越しとなるランニングホームランを打っています。

これで2-1!

真芯でとらえた打球はあと少しで柵越えホームランでしたが、逆方向に向いたフェンスのクッションが味方してくれました。

この日はシングルヒットも打っているのでマルチ安打。

鈴木誠也選手、この調子でシーズン20本くらいあるかもしれません!

★4/11~週間MVPを獲得!

4/11(日本時間12日)始まりの週で、鈴木誠也選手が週間MVPを獲得しました!

この週の記録は以下の通り。

  • 17打数7安打
  • ホームラン3本!
  • 打点5
  • 打率.412
  • OPS1.604
メジャーリーグ開幕2週目でのこの快挙…実は大谷翔平さんに並ぶ最速記録です♪

4号ソロアーチで打率.400、OPS1.503(4/18)

4号ソロアーチ

  • 2022.4.18 ロッキーズ戦(クアーズ・フィールド)
  • 7回ノーアウト ソロホームラン
  • 飛距離:382フィート(116.4m)
  • 打球速度:98.4マイル(158.4km)
  • 相手ピッチャー:グドー

球場が高地にあるコロラド・ロッキーズ戦。

5試合ぶりの一発となったのは7回のソロホームランでした。

これがカブスのダメ押し弾。

他の打席では申告敬遠も受けるなどフォアボール2つ!

出塁率も上がっていますし、この日時点で打率.400、OPS1.503という驚異的な成績をキープしています!

2号、3号連続ソロホームラン!(2022.4.13)2打席連続!

2号ソロアーチ

  • 飛距離:397フィート(121.0メートル)
  • 打球速度:-
  • 相手ピッチャー:キンタナ(パイレーツ)
  • 球場:PNCパーク

3号ソロアーチ

  • 飛距離:398フィート(121.3メートル)
  • 打球速度:-
  • 相手ピッチャー:バンダ(パイレーツ)
  • 球場:PNCパーク

鈴木誠也選手のMLBへのインパクトが凄いです!!

何と2打席連続となるホームラン\(^o^)/

この試合、彼のHRで2-0での勝利ってのもまた印象深いですね。

これ、完全にメジャーに適用したと思っても間違いなさそう…

ナ・リーグ新人王、、、下手したらホームラン王もあり得るかも知れませんよ!

1号ホームラン(2022.4.11)嬉しい3ランHR

鈴木誠也選手のメジャー初ホームランこれです!!!

開幕4試合目、10打席目で遂に出ました♪

打点3が付いたのも大きいですし、早々にメジャーにアジャストしている感じがしますよねー。

カブスファンからのスタンディングオべーション…最高すぎます!

各種データ

  • 飛距離:412フィート(125,6メートル)
  • 打球速度:110,9マイル(178,5キロ)
  • 相手ピッチャー:フレディ・ペラルタ(ブルワーズ)
  • 球場:リグリーフィールド

オープン戦より(スプリングトレーニング)

OP戦 第2号ホームラン(4/3)2ランホームラン

鈴木選手、オープン戦2本目の安打も何とホームランで決めました!

エンゼルスの3番手、パトリック・サンドバルからセンターに力強い2ランホームラン。

尚、このホームラン映像をカブス同僚のマーカス・ストローマン投手も引用リツイート。

チームメートからも信頼を得られたのかも知れませんね!

OP戦 第1号ホームラン(3/31)初安打が初ホームラン

ずっとオープン戦で苦戦していた鈴木選手が遂にヒット!

と思ったら何と嬉しいホームランです!

ちなみに相手ピッチャーはマリナーズのエース左腕、マルコ・ゴンザレス。

これが11打席目だったんですが、これでやっとカブスファンも安心したのではないでしょうか!

1打席目、2打席目も凡退だったので本当によかったー。

-鈴木誠也

Copyright© スカパー、WOWOWのお得な加入方法を伝授 by超テレビっ子! , 2022 All Rights Reserved.