※当サイトで紹介するサービス、商品には広告も含んでおります。

プロ野球 メジャーリーグ 鈴木誠也

鈴木誠也の年俸推移と成績|ドラフト2位 広島~カブスまで一気見!

広島時代にプロ野球で無双した鈴木誠也選手。

カブスに移籍して年俸もグッと上がりましたが、具体的なこれまでの年俸推移と成績を紹介します。

NPBからメジャーリーガーへと、どんな年俸と活躍の軌跡だったのか、チェックしていってください。

ポイント

  • 鈴木誠也選手はドラフト2位で広島から指名、契約
  • 契約金6000万円、年俸600万円からのスタート
  • 以後、年俸は毎年アップし、プロ9年目で3億1000万円に!
  • 2022年からカブスと契約し、5年総額8500万ドル
  • 5年間の平均年俸は1700万ドルで、カブスでも3位の年俸です!



現カブス、鈴木誠也の年俸推移と成績

現在の年俸

  • カブスでの2024年の年俸:2000万ドル
  • カブス在籍5年間の平均年俸:1700万ドル

年俸推移・広島カープ

※2013年19歳から
600万円➔650万円➔900万円➔1700万円➔6000万円➔9000万円➔1億6000万円➔2億8000万円➔3億1000万円

年俸推移・カブス

※2022年28歳から
700万ドル➔1700万ドル➔2000万ドル➔1800万ドル➔1800万ドル

※5年間で合計8000万ドル
※別途サインボーナス500万ドル(1年目に支払い)

鈴木誠也選手は、まず広島でプロ9年間、600万円から3億1000万円まで年俸を上げています。

カブスとは5年総額8500万ドル契約ですが、年俸は毎年均一ではありません。

3年目が最も多くて2000万ドル。

為替レートにもよりますが、日本円だと28億円くらいの年俸になります。

2013年広島入団以降の年俸推移表

西暦 年齢
8/18生まれ
年俸 この年の活躍、成績など
2013年
※広島カープ
※ドラフト2位
19歳 600万円
※契約金6000万円
投手から内野手に変更して入団
2014年 20歳 650万円 21U野球ワールドカップの日本代表で首位打者
2015年 21歳 900万円 外野手にコンバート
打率.275、本塁打5、OPS.746
2016年 22歳 1700万円 打率.335、本塁打29、OPS1.015
ベストナインとゴールデングラブ賞を受賞
2017年 23歳 6000万円 第4回WBCに出場も振るわず
8月に怪我で骨接合術と靱帯修復術
2年連続ベストナイン&ゴールデングラブ賞
2018年 24歳 9000万円 3年連続のベストナイン
打率.300、26本塁打、OPS.936
2019年 25歳 1億6000万円 WBSCプレミア12でMVPに!
4年連続ベストナイン、2度目のGG賞
打率.335(首位打者)、28本塁打、OPS.1.018
畠山愛理さんと結婚!
2020年 26歳 2億8000万円 打率.300、25本塁打、OPS.953
2021年 27歳 3億1000万円 2度目の首位打者(打率.317)、
更には最高出塁率(.433)も記録
OPSも1.072と過去最高
2022年
※カブス入団
28歳 5年総額8500万ドル契約
契約金500万ドル
1年目 年俸700万ドル
打率.262、本塁打14、OPS.770
2023年 29歳 1700万ドル 打率.285、本塁打20、OPS.842
2024年 30歳 2000万ドル
2025年 31歳 1800万ドル
2026年 32歳 1800万ドル

シカゴ・カブスとの契約内容詳細

鈴木誠也選手はカブスと5年「総額」8500万ドルの契約です。

日本円で100億円以上になる大型契約。

出来高設定はありませんので、条件クリアとか関係なく満額もらえます。

そしてオプションとして全球団へのトレード拒否権あり。

オプトアウトはありません。

また契約金は500万ドルであり、毎年の年俸の額も微妙に違っています。

カブスでは年俸ランキング3位なんです!

鈴木誠也選手、実はシカゴ・カブス内でも高額年俸の部類に入ります。

平均年俸での比較ですが、何とチーム内の年俸ランキングは第3位!

ダンズビー・スワンソン、イアン・ハップ、、、そして鈴木誠也さんです!

※鈴木選手と同額でジェイムソン・タイヨンも。

今後トレードなどでこの状況も変わる可能性はありますが、年俸でチームを見るのも面白いものですよね!

参考:シカゴ・カブスの年俸ランキング&年俸総額

他の日本人メジャーリーガーの年俸はいくら?

鈴木選手同様、日本のプロ野球からMLBに移籍した時の契約金、そして年俸はみなさんいくらくらいだったんでしょうか。

2023年時点でのデータになりますが、額が大きい順に見ていくとこんな感じです。

選手名/MLB初年 チーム 契約金額総額 年俸換算
🆕山本由伸/2024年~
山本由伸の年俸推移
オリックス
➔ドジャース
12年 3億2500万ドル 2708万3333ドル
田中将大/2014年~ 楽天
➔ヤンキース
7年 1億5500万ドル 2140万ドル
吉田正尚/2023年~
吉田選手の年俸推移
オリックス
➔レッドソックス
5年 9000万ドル 1800万ドル
鈴木誠也/2022年~ 広島
➔カブス
5年 8500万ドル 1700万ドル
千賀滉大/2023年~
千賀投手の年俸推移
ソフトバンク
➔メッツ
5年 7500万ドル 1500万ドル
ダルビッシュ有/2012年~ 日本ハム
➔レンジャーズ
6年 6000万ドル 1000万ドル
松坂大輔/2007年~ 西武
➔レッドソックス
6年 5200万ドル 870万ドル

はい、というわけで外野手としては吉田正尚選手とほぼ同じ契約金でした。

と同時に日本人としては3番目の大型契約だったんですよね。

但し今後、山本由伸投手や今永投手がメジャーに来ます。

その時は間違いなく契約金額の記録更新となりますね。

そしてドジャース・大谷翔平選手はメジャーに来た時の年俸は激安でした。

というか3年目くらいまで相当安かったです。

今でこそ大谷さんは10年7億ドルという破格の契約、年俸になりましたが、これはメジャーリーグでも一生更新されない記録だと思いますよ。

-プロ野球, メジャーリーグ, 鈴木誠也

Copyright© スカパーやWOWOW、ネット配信の予定&視聴方法をナビゲート♪ , 2024 All Rights Reserved.