1. ホーム
  2. 【WOWOW】
  3. ≫全米オープン2017をWOWOWで見るための加入&退会方法!安くお得なワザ公開

全米オープン2017をWOWOWで見るための加入&退会方法!安くお得なワザ公開

日本では夏も終わり秋突入のこの時期に、
テニスでは今年最後のグランドスラム、全米オープンが行われますね!
2017年8月28日(月)~9月10日(日)

当然ながらテニス好きのあなたであればWOWOWOで出来るかぎり生で、あの臨場感と共に体感しようと思っているでしょうけど、その前にぜひもっともお得に損をしない契約方法でWOWOWに入るプランを確認しておきましょう。
これで全米オープンが財布的にも納得して心から楽しむことができると思います。

全米オープン2017をWOWOWで効率良く見る方法

1、8月に加入し、9月に決勝まで全て楽しんで9月中に解約!
8月は加入月なので視聴料は無料で、9月の1か月分だけでOKです。

2、もし9月から加入だとしても10月に解約すればいいだけ。
その場合でも1か月分の料金で10月末日までWOWOW自体は楽しめます。

※ネット加入も実は簡単!今月のWOWOW公式!
期間限定

尚、今年はもうグランドスラムはありませんので、
それだけが目当ての方は来年1月までWOWOW加入を検討することはないでしょう。
1月には全豪がありますからね!

でも他のATPツアーなども観たい場合は、全米が終わった段階で契約続行か止めるかを検討してくださいね!

※B-CASカードや録画の件など、更に詳しい方法はこちらでまとめ済み

rimokon

WOWOWで全米オープンを楽しむメリット

まずは全ゲームがリアルタイムで見られるということ、これに尽きますよね!
あの日本人選手も、あのトップ選手も、1回戦からずっと生で楽しむことができます。
これは地上波の民放局ではやってくれません。

また試合が深夜だったりどうしても自分が見れない時間でも、
WOWOWOオンデマンドのサービスで見逃し配信サービスがあります。
録画をしてもいいのですが、見逃し配信ならあとから好きなだけ見れますし非常に便利です。

全米オープンテニスの特徴

その名の通りアメリカでの開催ですが、観客数や賞金総額が最大の大会でもあります。
2014年には錦織圭選手が決勝まで進み、日本人初のグランドスラム制覇か?と話題になってことでも有名ですよね!

コートはハードコートとなっており、これはグランドスラムで言えば全豪オープンと同じ。
ただし球足はこちらのほうが早めであり、より軽いフットワークが求められる傾向にあります。
動いて動いて丁寧に拾い…が好きな選手はこのコートには合っていますね!

また気温がかなり高いので棄権する選手が多いのも全米オープンのマイナスな特徴です。
確か2015年大会では14人もの棄権が出てしまいました。

過去の全米オープン優勝者と準優勝者

西暦優勝準優勝
2000年 マラト・サフィン ピート・サンプラス
2001年 レイトン・ヒューイット ピート・サンプラス
2002年 ピート・サンプラス アンドレ・アガシ
2003年 アンディ・ロディック フアン・カルロス・フェレーロ
2004年 ロジャー・フェデラー レイトン・ヒューイット
2005年 ロジャー・フェデラー アンドレ・アガシ
2006年 ロジャー・フェデラー アンディ・ロディック
2007年 ロジャー・フェデラー ノバク・ジョコビッチ
2008年 ロジャー・フェデラー アンディ・マレー
2009年 フアン・マルティン・デル・ポトロ ロジャー・フェデラー
2010年 ラファエル・ナダル ノバク・ジョコビッチ
2011年 ノバク・ジョコビッチ ラファエル・ナダル
2012年 アンディ・マレー ノバク・ジョコビッチ
2013年 ラファエル・ナダル ノバク・ジョコビッチ
2014年 マリン・チリッチ 錦織圭
2015年 ノバク・ジョコビッチ ロジャー・フェデラー
2016年 スタン・ワウリンカ ノバク・ジョコビッチ

あー、2014年の錦織の決勝カードはホントに燃えたな~って思いますね。
あの時はもう日本中がフィーバーしている最中でした。あれきっかけでテニス始める子供も増えたり、大人でもファン層が一気に広がった感があります。
あとはそれ以上にフェデラーの5連覇がマジ半端ないっすね(笑)冷静に考えてみるともうとんでもないことですよ、これ。

今年の見どころは?

全米オープンのドロー、トーナメント表とWOWOWでの放送予定日時


トーナメント表[男子シングルス] | 全米オープンテニス2016より

8月28日 男子シングルス1回戦・女子シングルス1回戦
8月29日 男子シングルス1回戦・女子シングルス1回戦
8月30日 男子シングルス2回戦・女子シングルス2回戦
8月31日 男子シングルス2回戦・女子シングルス2回戦
9月1日 男子シングルス3回戦・女子シングルス3回戦
9月2日 男子シングルス3回戦・女子シングルス3回戦
9月3日 男子シングルス4回戦・女子シングルス4回戦
9月4日 男子シングルス4回戦・女子シングルス4回戦
9月5日 男子シングルス準々決勝・女子シングルス準々決勝
9月6日 男子シングルス準々決勝・女子シングルス準々決勝
9月7日 女子シングルス準決勝
9月8日 男子シングルス準決勝
9月9日 女子シングルス決勝
9月10日 男子シングルス決勝