1. ホーム
  2. 【WOWOW】
  3. ≫全仏オープンをWOWOWで!最小金額で全仏+錦織を視聴する方法など

全仏オープンをWOWOWで!最小金額で全仏+錦織を視聴する方法など

さて、2017年も全仏オープンが開幕しようとしていますがみなさん準備はOKですか?
グランドスラムである全仏をほぼ生放送で見れるのはWOWOWOだけですので、テニス好き、錦織好きな人は迷わず加入してしまいましょう。

5月末の開幕~6月まで、となるので、
5月加入⇒6月解約(もしくは6月加入の7月解約でもOK)で1か月分の料金だけで全試合を見ることができます!
(加入月は無料)

全仏2017をWOWOWで効率良く見る方法

1、5月末に加入し、1回戦から見る⇒6月になって決勝まで楽しみ解約
(視聴料は6月分だけ) 

2、6月から加入して2回戦以上を見る。そして解約。
(解約の連絡タイミングは6月中でも7月に入ってからでもOK)

※ネット加入割引あり。今月のWOWOW公式!

ただし!!!
6月末~7月半ばにはウィンブルドン(全英オープン)、
8月~9月には全米オープンが開催
されますので、
解約せずにここまで引っ張って徹底的にグランドスラムを楽しむのも大いにありです。
ここまで契約し、全試合生中継で楽しめて総額1万円もしませんのでそう考えるとめっちゃお得としか言いようがありませんね!

※B-CASカードや録画の件など、更に詳しい方法はこちらでまとめ済み!!最後にこれを読んでWOWOWテニスの世界へGOしよう!

rimokon

全仏に合わせてWOWOWに加入するメリット

WOWOWは何と言っても

  • リアルタイムで
  • そしてテレビの大画面で

というのこの2つの要素が最大のメリットになります。

ですがこれ以外にぜひ活用したいのがWOWOWテニスオンラインの存在です。
パソコンでもスマホでもタブレットでもアクセスできるわけですが、
ここでいろんなテニス情報はもちろんのこと、
既に放送した、消化した全仏オープンの試合を観ることができるんです。
「見逃し配信」という表現をすればわかりやすいですかね!

全仏オープンの場合、日本時間の18:00前や0:00の試合開始が多くなります。そうなると普通に社会人しているとなかなか見られない場合もありますよね。そんな時にはこのWOWOWテニスオンラインを活用し、休みの日や夜の空いた時間で全仏を楽しめちゃうんです。

どうしても時間の関係で見たい試合が絶対に見れる!というわけでもないでしょう。
そういう時にニュースの簡単なハイライトで終わらせるのではなく、
ちゃんとゆっくりゲームを見られるのWOWOWの大きな利点なんです。

全仏オープンテニスと錦織圭

純粋にテニスが好きなら出場選手関係なく全仏は楽しみかと思いますが、
日本人の星、錦織圭選手が出るなら楽しみも更に倍!ですよね。

ここ5年の全仏における錦織選手の成績を見てみると・・・

2011年 2回戦まで
2013年 4回戦まで
2014年 2回戦まで
2015年 準々決勝まで
2016年 4回戦まで
という感じ。

クレーコートでラリーにも強い錦織圭ですがちょっとイマイチって感じですよね。
それだけに今年はもっともっと!とつい期待してしまいます。

ちなみにですが2017年大会は錦織圭がここ数年で最も優勝に近い!と予想しております。
その理由は大きく2つ!

・マレーやジョコビッチさんがイマイチ!
共に世界ランキング1、2位で誰もが知る生けるレジェンドクラスの選手ですが、
今年は全然調子がいい感じがしません。
1月の全豪オープンも観ましたよね?何ですかあれは。
早々に敗退してしまい威厳もなにもあったもんじゃありません。

・フェデラーは全仏のコートに不適正
全豪を制したフェデラーも当然優勝候補の一人ではありますが、
全仏の球足が遅いクレーコートは適正度合いが微妙です。
体力が必要なラリー展開となるのは間違いありませんので、その中でフェデラーが耐えられるか。
恐らく今の錦織、もしくは他の選手のほうがそういう意味ではプラスに働きますよね。

あとは錦織よりもランクが上のS.ワウリンカ、M.ラオニッチの存在も気になりますが、
相性的にはけっこういいですし、何よりもクレーコートが錦織に見方してくれます。
ランク上とは言っても勝ちやすい二人ですし、全仏においてはあまり問題視していませんね。

というわけで錦織選手にはこれ以上ない優勝の条件が揃っている全仏オープン2017、
開幕と同時にしっかりWOWOWで生で全試合楽しみましょう!

※昨年度の全仏における錦織圭選手の試合結果一覧
◇1回戦:錦織圭vsシモーネ・ボレリ(当時、世界ランキング116位)
6-1、7-5、6-3

◇2回戦:錦織圭vsアンドレイ・クズネツォフ(当時、世界ランキング40位)
6―3、6―3、6―3

◇3回戦:錦織圭vsフェルナンド・ベルダスコ(当時、世界ランク52位)
6-3、6-4、3-6、2-6、6-4

◇4回戦:錦織圭vsリシャール・ガスケ(当時、世界ランキング12位)
惜しくもここで敗退!
カスケとの相性悪すぎ!

全仏オープン2017の男子ドローとWOWOWでの放送予定


※この画像はトーナメント表[男子シングルス] | 全仏オープンテニス2017より

放送日内容と開始時間
5/28(日)
※この日は無料放送!
第1日男女シングルス1回戦(午後5:30)
第1日 男女シングルス1回戦(夜9:00)
5/29(月)第2日男女シングルス1回戦(午後5:55)
第2日男女シングルス1回戦(深夜0:00)
5/30(火)第3日男女シングルス1回戦(午後5:55)
第3日男女シングルス1回戦(深夜0:00)
5/31(水)第4日男女シングルス2回戦(午後5:55)
第4日男女シングルス2回戦(深夜0:00)
6/1(木)第5日男女シングルス2回戦(午後5:55)
第5日男女シングルス2回戦(深夜0:00)
6/2(金)第6日男女シングルス3回戦(午後5:55)
第6日男女シングルス3回戦(深夜0:00)
6/3(土)第7日男女シングルス3回戦(午後5:55)
第7日男女シングルス3回戦(深夜0:00)
6/4(日)第8日男女シングルス4回戦(午後5:55)
第8日男女シングルス4回戦(深夜0:00)
6/5(月)第9日男女シングルス4回戦(午後5:55)
第9日男女シングルス4回戦(深夜0:00)
6/6(火)第10日男女シングルス準々決勝(夜8:55)
6/7(水)第11日男女シングルス準々決勝(夜8:55)
6/8(木)第12日ミックスダブルス決勝(夜6:55)
第12日女子シングルス準決勝(夜9:45)
6/9(金)車いす男女シングルス準々決勝(午後5:00)
第13日男子シングルス準決勝(夜7:50)
6/10(土)車いす男女シングルス準決勝(午後5:00)
第14日女子シングルス決勝/男子ダブルス決勝(夜9:45)
6/11(日)車いす男女シングルス決勝(午後2:00)
最終日女子ダブルス決勝(夜6:55)
最終日男子シングルス決勝(夜9:45)
6/14(水)車いす女子シングルス決勝(午後3:30)
車いす男子シングルス決勝(午後4:30)
女子シングルス決勝(午後5:30)
男子シングルス決勝(夜7:00)

全仏オープン2017に出場する日本人選手

まず男子がストレートインで錦織圭、杉田祐一。
そして予選成り上がりのダニエル太郎ですね。

女子は大阪なおみ、土居美咲、奈良くるみ、日比野奈緒、尾崎里紗の5人に、
予選から勝ってきた加藤未唯の計6名。

錦織圭

1回戦:vs コキナキス(勝利!)
2回戦:vs シャルディ(勝利!)
3回戦:vsチョン・ヒョン(勝利!)
4回戦;vsマレー(ここで敗退)

世界ランク9位
島根県松江市出身

杉田祐一

◆結果
2回戦:vs スティーブ・ジョンソン(2-3で敗退)

世界ランク77位
宮城県仙台市出身

ダニエル太郎

◆結果
1回戦:vs イエジ・ヤノビチ(3-0で勝利)

世界ランク102位
アメリカ・ニューヨーク出身

大阪なおみ

◆結果
1回戦:vs バンアイトバンク(0-2で敗退)

世界ランク54位
大阪市出身

土居美咲

世界ランク64位
千葉県出身

奈良くるみ

◆結果
1回戦:vs アマンダ・アニシモバ(2-1で勝利)

世界ランク90位
兵庫県川西市出身

尾崎里紗

◆結果
1回戦:vs ウージニブシャール(1-2で敗退)

世界ランク72位
兵庫県神戸市出身

日比野奈緒

◆結果
1回戦:vs キャロリン・ガルシア(0-2で敗退)

世界ランク81位
愛知県一宮市出身

知っている人は知っている!過去の全仏の歴代優勝者はこいつらだ!

開催年優勝者準優勝その時のコスア
2016ノバク・ジョコビッチアンディ・マレー3-6 6-1 6-2 6-4
2015スタン・ワウリンカノバク・ジョコビッチ4-6 6-4 6-3 6-4
2014ラファエル・ナダルノバク・ジョコビッチ3-6 7-5 6-2 6-4
2013ラファエル・ナダルダビド・フェレール6-3 6-2 6-3
2012ラファエル・ナダルノバク・ジョコビッチ6-4 6-3 2-6 7-5
2011ラファエル・ナダルロジャー・フェデラー7-5 7-6 5-7 6-1
2010ラファエル・ナダルロビン・ソダーリング6-4 6-2 6-4
2009ロジャー・フェデラーロビン・ソダーリング6-1 7-6 6-4
2008ラファエル・ナダルロジャー・フェデラー6-1 6-3 6-0
2007ラファエル・ナダルロジャー・フェデラー6-3 4-6 6-3 6-4
2006ラファエル・ナダルロジャー・フェデラー1-6 6-1 6-4 7-6
2005ラファエル・ナダルマリアノ・プエルタ6-7 6-3 6-1 7-5
2004ガストン・ガウディオギジェルモ・コリア0-6 3-6 6-4 6-1 8-6
2003フアン カルロス・フェレロマルティン・フェルケレック6-1 6-3 6-2
2002アルベルト・コスタフアン カルロス・フェレロ6-1 6-0 4-6 6-3
2001グスタボ・クエルテンアレックス・コレチャ6-7 7-5 6-2 6-0
2000グスタボ・クエルテンマグナス・ノーマン6-2 6-3 2-6 7-6
※女子の場合
2016ガルビネ・ムグルッサセレナ・ウイリアムズ7-5 6-4
2015セレナ・ウイリアムズルーシー・サファロバ6-3 6-7 6-2
2014マリア・シャラポワシモナ・ハレプ6-4 6-7 6-4
2013セレナ・ウィリアムズマリア・シャラポワ6-4 6-4
2012マリア・シャラポワサラ・エラーニ6-3 6-2
2011リー・ナフランチェスカ・スキアボーネ6-4 7-6
2010フランチェスカ・スキアボーネサマンサ・ストーサー6-4 7-6
2009スベトラーナ・クズネツォワディナラ・サフィーナ6-4 6-2
2008アナ・イバノビッチディナラ・サフィーナ6-4 6-3
2007ジュスティーヌ・エナンアナ・イバノビッチ6-1 6-2
2006ジュスティーヌ・エナン・アーデンスベトラーナ・クズネツォワ6-4 6-4
2005ジュスティーヌ・エナン・アーデンメアリー・ピアス6-1 6-1
2004アナスタシア・ミスキナエレナ・デメンティエワ6-1 6-2
2003ジュスティーヌ・エナン・アーデンキム・クライシュテルス6-0 6-4
2002セレナ・ウィリアムズビーナス・ウイリアムズ7-5 6-3
2001ジェニファー・カプリアティキム・クライシュテルス1-6 6-4 12-10
2000メアリー・ピアスコンチタ・マルチネス グラナドス6-2 7-5
※B-CASカードや録画の件など、更に詳しい方法はこちらでまとめ済み!!最後にこれを読んでWOWOWテニスの世界へGOしよう!

rimokon