※当サイトで紹介するサービス、商品には広告も含んでおります。

プロ野球

2024年 吉田輝星の年俸推移と成績|オリでダメなら戦力外、育成、引退まであるぞ

甲子園の主人公、吉田輝星くん。

ドラフト1位で日ハム入団したものの、4年間で結果を残せず、、、2024年からはオリックスに移籍です。

当然ながら年俸推移もまだ低調なんですが、過去の成績と併せてここまでをまとめてみました。

日ハム同期やドラ1たちとの年俸比較もあります。

戦力外や引退なんて見たくない!…ここからの復活ストーリーを応援しましょう。

2024年オリックス・吉田輝星の年俸推移と成績など

  • 2024年の年俸:1600万円
  • 年俸推移:1000万円➔1030万円➔1030万円➔970万円➔2000万円➔1600万
    ※契約金は1億円

これまでの年俸推移表(投手成績も)

西暦 年齢
1/12生まれ
年俸 増減幅 この年の成績、活躍など
2018年 17歳 契約金
1億円
日ハムが根尾昂(中日)の外れ1位で指名
2019年 18歳 1000万円 広島戦でプロ初登板初勝利!
でも他3試合で打たれて防御率は12.27
2020年 19歳 1030万円 +30万円 5試合先発、防御率8.41、WHIP1.87
2021年 20歳 1030万円 現状維持 ファームでは月間MVP獲得
1軍では1試合のみ先発し2回7失点
2022年 21歳 970万円 -60万円 リリーフ転向で47試合に登板し防御率3.31
4先発も含めると防御率4.26、WHIP1.20
2023年 22歳 2000万円 +1030万円 シーズン始まっても調子が乗らず登板機会なし
年間3試合の登板で防御率9.00
➔オフにオリックスへのトレードが決定
2024年 23歳 1600万円 -400万円

同期入団選手と年俸比較!吉田輝星を超える万波くん

吉田輝星くんと日ハムに同期入団したのは彼含め全員で7名です。

そこで2019年ファイターズでプロ1年目を迎えた彼らの年俸推移も追ってみました。

これもまた面白いです。

ファイターズ
同期入団選手
年俸比較
ドラフト1位 ドラ2 ドラ3 ドラ4 ドラ5 ドラ6 ドラ7
吉田輝星
金足農業高校
野村佑希
花咲徳栄高校
生田目翼
日本通運
万波中正
横浜高校
柿木蓮
大阪桐蔭高校
田宮裕涼
成田高校
福田俊
星槎道都大学
2018年
契約金
1億円 6000万円 6000万円 3500万円 3500万円 2000万円 2000万円
2019年 1000万円 600万円 1000万円 520万円 520万円 480万円 700万円
2020年 1030万円 600万円 1000万円 520万円 520万円 480万円 700万円
2021年 1030万円 880万円 920万円 530万円 520万円 530万円 1250万円
2022年 970万円 2000万円 900万円 900万円 520万円 530万円 1100万円
2023年 2000万円 3300万円 900万円 2000万円 440万円 570万円 1200万円
2024年 1600万円
※オリックス
4800万円 900万円 8000万円 440万円 700万円 2200万円

というわけで、吉田選手との同期で現在最も活躍しているのがドラフト4位・万波中正くんですね。

2022年から100試合に出て、2023年には141試合出場です。

ホームラン25本、打率.265とレギュラーとしてもキャリアハイの数字。

2024年の契約更改では吉田輝星くんに5倍の差を付ける年俸8000万円という評価になっておりますー。

またドラ2・野村佑希くんの着実な成長にも期待したいところ。

2018年ドラ1たちの現在年俸「開いた差にびっくり」

最後に吉田輝星くんと同じくドラフト1位指名を受けた選手たちの年俸もまとめてみました。

ドラ1なのでプロで成功する可能性は高いわけですが、みなさんどんな評価を受けているのか、、、ランキングでまとめてみましたよ。

参考:2018年ドラフト結果(ウィキベディア)

順位 選手名 2024年 年俸 チーム プロ入り前
1位 近本光司 3億2000万円 阪神タイガース 大阪ガス
2位 清水昇 1億3000万円 ヤクルト 國學院大學
3位 辰己涼介 8000万円 楽天イーグルス 立命館大学
4位 松本航 5800万円 西武ライオンズ 日本体育大学
5位 小園海斗 5400万円 広島東洋カープ 報徳学園高校
6位 上茶谷大河 5100万円 横浜DeNA 東洋大学
7位 甲斐野央 4000万円 ソフトバンク
➔西武ライオンズへ
東洋大学
8位 藤原恭大 3200万円 千葉ロッテ 大阪桐蔭高校
9位 髙橋優貴 2300万円 巨人 八戸学院大学
10位 太田椋 1600万円 オリックス 天理高校
根尾昂 1600万円 中日ドラゴンズ 大阪桐蔭高校
吉田輝星 1600万円 日本ハムファイターズ
➔オリックスへ
金足農業高校

年俸が億超えしているのが阪神・近本光司選手とヤクルト・清水昇選手。

特に近本光司選手は社会人野球からの即戦力とは言えものすごい成績!

プロ5年で4回も盗塁王、2021年には最多安打ですからね。

で、吉田輝星選手は最下位(T_T)

話題を集めた根尾昂くんも年俸1600万円で最下位…

とにかくここからの復活に期待したい限りです。

吉田輝星くん、次でダメなら戦力外、育成契約、引退まである

日ハムで花開かずだった吉田輝星くんですが、オリックスへのトレードはラストチャンスだと思われます。

ここであと3年以内に浮上できなかったら普通に戦力外通告や育成契約切り替えもありそう。

最悪、プロ引退もあります。

逆に言えばそれくらい背水の陣で望めるオリックスでの復活劇。

良い指導者もいると思いますし、本気で復活を期待したいです。

オリックスのドラ1後輩の年俸がヤバい

最後になりますがオリックスの有望若手に関して!

吉田輝星くんは2018年ドラフト指名ですが、2019年、2020年のオリックスドラ1は成績も年俸も本当にヤバいです!

この2人、どちらも新人王を獲得しています。

年齢的に吉田輝星くんの1個下、2個下になりますが、成績的にはまさに理想的。

この2人に追いつくのは難しそうですが、先輩の維持でなんとか食らいついて行ってほしいかも。

そしてドラフト1位トリオとして先発ローテーションを守る姿も見てみたいです。

-プロ野球

Copyright© スカパーやWOWOW、ネット配信の予定&視聴方法をナビゲート♪ , 2024 All Rights Reserved.