※当サイトで紹介するサービス、商品には広告も含んでおります。

プロ野球

佐々木朗希くん年俸推移と成績|2024年も8000万円で千葉ロッテ年俸11位

令和の怪物、佐々木朗希くん。

先発ローテーションを完璧にこなしているわけではないとは言え、インパクトのある圧巻の試合が多くて凄いですよね!

千葉ロッテでもそれなりに順調な年俸推移で毎年注目間違いなし。

そんな佐々木朗希選手の年俸推移と成績をわかりやすくまとめていきます!



2024年 佐々木朗希の年俸と、デビュー後の年俸推移

  • 2024年の年俸:8000万円(現状維持)
  • 年俸推移:1600万円➔1600万円➔3000万円➔8000万円➔8000万円
    ※契約金は1億円

年俸推移表(各年の投手成績も)

NPB個人年度別成績も併せてどうぞ

西暦 年齢
8/25生まれ
年俸 増減幅 この年の活躍、成績など
2019年 18歳 契約金1億円
+出来高5000万円
千葉ロッテが4球団1位指名の中、
交渉権を得て契約へ
2020年 19歳 1600万円 肉体強化メインで登板はなし
2021年 20歳 1600万円 現状維持 ●11試合:3勝2敗、防御率2.27、WHIP1.06
CSで楽天相手に1失点で勝利も!
2022年 21歳 3000万円 +1400万円
前年比214%
●20試合:9勝4敗、防御率2.02、WHIP0.80
自己最速の164 km/hを計測!
世界新記録の13者連続奪三振&完全試合を達成
プロ新記録:17イニング連続無安打、52者連続アウト
2023年 22歳 8000万円 +5000万円
前年比160%
●15試合:7勝4敗、防御率1.78、WHIP0.75
暴投12個はリーグ最多
WBC日本代表で2試合に登板
2024年 23歳 8000万円 現状維持

2023年の「防御率1.78、WHIP0.75」という成績は本当に怪物ですね…

完全に無双状態です。

ただし気になるのはやっぱり投球イニング数の少なさ。

規定投球回数の143回をクリアしたことはまだありません。

球団の方針でじっくり育ててているとは言え、先発ローテーションをしっかり守った時の成績を見てみたいものです!

契約が遅くなった理由「朗希のわがままじゃない」

春のキャンプ直前まで契約更改が終わらなかったら佐々木選手。

メジャー行きに関してごねているとかの報道もありましたが、1/27に会見も行われて無事終了。

千葉ロッテ曰く、「球団としてもその話し合いの中で、こちらにも至らぬ点とか落ち度もありましたので。決して佐々木朗希だけがワガママとかごねるとかじゃないので。」とのこと。

選手を守る感じで穏便に終わり本当に良かったです。

千葉ロッテ内では年俸11位

佐々木朗希くんの2024シーズンに向けた契約更改が終わりました!

プロ野球選手でラスト1人になり話題もありましたが、結局は現状維持の8000万円。

億超えはありませんでしたが、千葉ロッテ内では年俸ランキング11位です。

  • 澤村拓一:2億円
  • 益田直也:2億円
  • 中村奨吾:2億円
  • ペルドモ:1億8000万円
  • ポランコ:1億8000万円
  • 石川歩:1億5000万円
  • 美馬学:1億4000万円
  • 福田秀平:1億2000万円
  • 荻野貴司:1億円
  • 唐川侑己:1億円
  • 佐々木朗希:8000万円

【2019年ドラフト】1位 佐々木朗希~5位選手の年俸推移比較

佐々木朗希くんが指名された2019年のドラフト会議。

千葉ロッテマリーンズでは、彼含め5人の選手を指名、契約に至っています。

なので佐々木朗希くんと同期入団の4名も含め、みなさんの年俸推移もまとめてみましたよ。

活躍がそのまま年俸に出る世界ですし、こういう比較も面白いと思います。

2019年ドラフト
千葉ロッテ指名選手
ドラフト1位 ドラ2 ドラ3 ドラ4 ドラ5
佐々木朗希
大船渡高校
佐藤都志也
東洋大学
髙部瑛斗
国士舘大学
横山陸人
専大松戸高校
福田光輝
法政大学
2019年
契約金
契約金1億円
+出来高5000万円
7000万円 6000万円 4000万円 4000万円
2020年 1600万円 1200万円 1000万円 560万円 880万円
2021年 1600万円 1600万円 1000万円 560万円 880万円
2022年 3000万円 2000万円 1000万円 700万円 810万円
2023年 8000万円 3100万円 3500万円 670万円 800万円
日ハム移籍
2024年 8000万円 4350万円 2800万円 1800万円 860万円

ドラ1対決!佐々木朗希 vs 宮城大弥の年俸比較

佐々木朗希くんは高校時代、そしてドラフトでめちゃくちゃ注目されていましたよね。

その後の完全試合などでも怪物ぶりを見せてくれましたが、意外にも一番の活躍だったのはオリックス・宮城大弥くんです。

この2人、キャラ的には対照的だなーと思います。

ま、どちらも凄いのは間違いないんですが、プロ入りからの年俸推移の比較もしてみました。

参考までにご覧ください。

※ちなみにですが、佐々木朗希くんはオリックスも1位指名していました。外れ1位も逃して、外れ外れ1位だったのが宮城くんです。

2人の年俸比較表

西暦 千葉ロッテ
佐々木朗希
オリックス
宮城大弥
2019年 契約金1億円
+出来高5000万円
契約金
8000万円
2020年 1600万円 770万円
2021年 1600万円 870万円
2022年 3000万円 5000万円
2023年 8000万円 8000万円
2024年 8000万円 1億6000万円

ということで、スタートこそ佐々木朗希くんが年俸は多め。

ですがプロ3年目で宮城くんが追い越しましたね。

※正確に言えば、プロ2年目の成績で持って評価がバク上がりした、ということです。2021年の新人王ですからね!

それに見合うだけの成績を残しているので当たり前なんですが、二人とも高卒からすぐにこれだけ稼ぐとは恐るべしです。

興味ある方は「宮城大弥くんの年俸推移と成績まとめ」ページもご覧になっていってください!

ポスティング移籍や選手会の件について

2024年の年俸を決める契約更改ですが、佐々木朗希くんは最後の1人になっていろんな問題が出ていますね(^_^;)

まぁ基本はメジャー志向が強いが故の問題です。

ポスティング移籍はまだダメ?

海外FA権を得るよりも早くメジャーリーグに挑戦することができる「ポスティング」という制度。

佐々木朗希くんもこれを使ってのMLB移籍を希望していると思われます。

でも現行のルールでは25歳未満の選手は年俸がめっちゃ安く抑えられてしまうんですね。

※25歳未満でプロ6年未満の場合、年俸制限があり且つマイナー契約しか締結できない

となると千葉ロッテに入る譲渡金も激安です。

なので千葉ロッテ的には何の旨味もないんです。

きっと入団前の契約で「将来的なメジャー移籍」も口約束程度はあったと思います。

基本的には日本で成績残して、25歳になったらポスティングで行けるよ…くらいの内容でしょう。

でもMLBに早く行きたい佐々木朗希くんはそこまで待てないと…。

WBCを経験し、メジャー選手からの刺激もあったんでしょう。

こんな感じで両者に意見の相違が生じているのではないでしょうか。

過去に25歳未満でMLB挑戦したのが大谷翔平選手です!日ハムは本当に寛容ですよね。

大谷さんのそこからのサクセスロードは、、、はい、言わずもがなです。

参考:大谷翔平 年俸とその推移がエグい!
※エンゼルス1年目はたった54万ドル

朗希、選手会を離脱問題

選手会を辞めること自体は別に問題はないと思います。

でも現状は選手会に属している選手が圧倒的なことと、そのほうが選手自身を守ることに繋がるのに、、、ってことですよね。

そして各種FA制度やポスティングシステムも実は選手会が頑張って作り上げたものでもあります。

選手会を離脱したのにわがまま言ってその制度使うの?

という声が多いのもまぁわかります(^_^;)

メジャーにいった山本由伸投手も選手会には(2023年時)入っていなかったみたいです。

-プロ野球

Copyright© スカパーやWOWOW、ネット配信の予定&視聴方法をナビゲート♪ , 2024 All Rights Reserved.