※当サイトで紹介するサービス、商品には広告も含んでおります。

メジャーリーグ

上沢直之の年俸推移と成績まとめ|日ハムからレイズ・マイナーでどうなった?

日ハムからポスティングシステムでのメジャー挑戦を探っていた上沢直之選手。

1月半ばにタンパベイ・レイズとのマイナー契約が決まり、年俸についても報道がありました。

今後メジャー昇格もあると思いますし、上沢直之選手のここまでの年俸と年俸推移を振り返ってみましょう!

ポイント

  • 上沢直之投手の年俸推移としては、480万円から始まりプロ11年目には1億7000万円到達
  • キャリアハイは2021年の12勝6敗、防御率2.81
  • 2023年はパ・リーグ最多の170イニングを投げて防御率2.96
  • 2024年はMLBレイズとマイナー契約が成立
  • 年俸は22万5000ドル(3300万円)だけど、メジャー昇格なら年俸250万ドル(約3億7,000万円)確定
  • 別途、イニング数に応じた出来高あり
  • 日ハムへの譲渡金は最小90万円、最高で7500万円

上沢直之の年俸推移と成績など(日ハム➔レイズ傘下)

投手・上沢直之はドラフトで6位指名入団でした。

年俸480万円からスタートし、プロ野球では1億7000万円まで行っています。

そして2024年からはメジャー昇格を目指して、年俸が大きく下がってもレイズ傘下のマイナーチームでスタートですよ!

✅年俸推移:480万円➔480万円➔500万円➔2300万円➔2400万円➔1000万円➔2400万円➔7000万円➔6000万円➔1億5000万円➔1億7000万円➔22万5000ドル(約3300万円)

レイズ・マイナーでは年俸22万5000ドルですが、メジャー昇格で年俸250万ドルは確定。

日本円で3億7000万円ほどですが、それであればプロ野球最終年から2億円アップという年俸推移になります。

上沢投手の年俸推移表

※成績に関しては「NPB個人年度別成績ページ」も併せてご参照ください。

西暦 年齢
2/6生まれ
年俸 この年の活躍、成績など
2012年
※ドラフト6位
※日ハム入団
18歳 480万円
契約金2,000万円
特になし
2013年 19歳 480万円 イースタン・リーグで18試合に登板
2014年 20歳 500万円 22先発で8勝8敗、防御率3.19
21U野球ワールドカップの
日本代表でベストナイン
2015年 21歳 2300万円 先発13試合で5勝6敗、防御率4.18
2016年 22歳 2400万円 右肘関節滑膜ヒダ切除術で登板なし
2017年 23歳 1000万円 15試合先発、4勝9敗、防御率3.44
2018年 24歳 2400万円 25試合先発、11勝6敗、防御率3.16
2019年 25歳 7000万円 自身初となる開幕投手に抜擢
6月に打球が当たり左膝蓋骨を骨折
11試合先発で防御率3.15
2020年 26歳 6000万円
プラス出来高
15試合先発、8勝6敗、防御率3.06
怪我からしっかり復活!
2021年 27歳 8500万円 11試合連続でのQSをマーク!
24試合先発、12勝6敗、防御率2.81
※キャリアハイ
2022年 28歳 1億5000万円 8勝9敗、防御率3.38
2023年 29歳 1億7000万円 9勝9敗、防御率2.96
リーグ最多の170イニングを消化!
⚾ポスティングでMLB挑戦
2024年
※レイズのマイナーへ
30歳 22万5000ドル
※メジャー昇格で250万ドル
22万5000ドルというのは、1/22時点のでドル円レートで計算すると3,334万円です。※1ドル148円ほど

上沢直之とレイズの契約詳細、年俸を解説

  • まずはマイナー契約で年俸22万5000ドル(約3,300万円)
  • メジャー昇格なら年俸250万ドル確定(約3億7,000万円)
  • 出来高はイニング数に応じて設定あり。最高160イニングで年俸350万ドルになる。
  • 日本ハムへのポスティング譲渡金もそれに応じて変動

メジャーとマイナーのスプリット契約!年俸10倍

上沢直之投手の契約タイプとしては、いわゆるスプリット契約です。

マイナースタートなのでまずはマイナーでの年俸が決定。

そしてメジャー昇格なら新しくそれ用の契約と年俸が決まるというものです。

決定済みの内容としては以下の通りです。

  • マイナー:年俸22万5000ドル
  • メジャー:年俸250万ドル+出来高
    -サインボーナス2万5000ドル
    -出来高:70イニング消化で10万ドル、その後10イニング毎に10万ドル増。最大160イニングで年俸350万ドルに。

メジャー昇格で年俸は10倍以上ですね!

更に160イニングの消化ができればもっともらえます。

出来高考慮の年俸推移表

出来高条件
(投球回数)
もらえる出来高 年俸 日本円換算
1ドル148円
70イニング 10万ドル 260万ドル 3.85億円
80イニング 20万ドル 270万ドル 4.00億円
90イニング 30万ドル 280万ドル 4.14億円
100イニング 40万ドル 290万ドル 4.29億円
110イニング 50万ドル 300万ドル 4.44億円
120イニング 60万ドル 310万ドル 4.59億円
130イニング 70万ドル 320万ドル 4.74億円
140イニング 80万ドル 330万ドル 4.88億円
150イニング 90万ドル 340万ドル 5.03億円
160イニング 100万ドル 350万ドル 5.18億円

ちなみにですが2023年シーズン、レイズで投球回数70を超えたのは6人。

100回超えは5人でした。

※ザック・エフリン、アーロン・シベル、タイラー・グラスノー、シェーン・マクラナハン、タジ・ブラッドリー

上沢さんにも早く先発ローテーションに入ってイニングイーターとして頑張って欲しいですね!

キャンプ中の契約破棄オプションも

メジャー開幕前の春のキャンプ(スプリングトレーニング)ですが、その終盤にレイズは上沢直之投手と契約破棄(解除)できるオプションを持っています。

これをされてしまうとレイズでは道半ばでキャリア終了。

他のチームとのマイナー契約か、プロ野球復帰しか無いと思われます。

とは言え、こういった契約解除条項は普通にあるみたいなので、上沢選手だけが特別に悪い条件ってことでもないみたいですよ。

日ハムへの譲渡金は90万円~7500万円

上沢直之選手とレイズの契約はメジャー昇格できるかどうかで大きく違います。

年俸も全く違うので、これは日ハムへの譲渡金にも大きく影響するんですよね(^_^;)

仮にマイナーのままであれば譲渡金は最低の6250ドル、約90万円。

逆に開幕からメジャー昇格し、出来高全達成なら譲渡金は51万6250ドル、約7500万円となります。

日ハムとしては90万円の譲渡金で終わったら痛すぎる案件です…最悪メジャーダメでも日ハム復帰ですよね。

メジャー年俸250万ドル契約できても圧倒的に安い現実

もし上沢直之選手がメジャー契約を勝ち取って年俸250万ドル確定しても、他の日本人メジャーリーガーと比較するとかなり年俸が低いです。

日本のプロ野球からのMLB挑戦という意味でも、この年俸で契約した選手はほぼいません。

強いて言えば、大谷翔平選手がエンゼルスに来た時の年俸が54万5000ドル。

これはポスティングの25歳ルールによるものでした。

ちなみに上沢選手と同じタイミングでカブスとメジャー契約した今永昇太選手は4年で5300万ドル

平均年俸1325万ドルですからね。

まぁ上沢選手は年俸云々じゃなく、先のビジョンも見据えてのレイズマイナーとの契約だったんでしょう!

ハングリーにのし上がることを心から期待したいですね。

2024年オフに大型契約する姿、ぜひとも見てみたいです!

-メジャーリーグ

Copyright© スカパーやWOWOW、ネット配信の予定&視聴方法をナビゲート♪ , 2024 All Rights Reserved.